« 2010年8月8日 - 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »

2010年8月22日 - 2010年8月28日

2010年8月28日 (土)

大魔神ラムちゃんfigma

20100828
ラムちゃんのfigmaと大魔神のリボルテックを組み合わせて大魔神ラムちゃんをつくろうとしているんですが、両者の接続がうまくいかず、下半身の上に接続パーツ無しに上半身が乗っている状態でなかなかWebにアップできませんでした。
そしたら、友人れすり姉さんがいつまで経ってもWebにアップされないのを見て、自ら作った大魔神ラムちゃんをプレゼントしてくれました。
コミケの時にもらったんですが感動のできばえ。
左が上下分離したまま乗せているだけのGLUMip作ですが、右のれすり姉さん作はあちこち改造して巧みにパーツをつないでます。上腕がちゃんと肌色のところもポイント高い。脚に至っては更に別のキャラのパーツを合成しており、3つの製品を切り継ぎして1体作っているという贅沢仕様。

感謝感激雨あられ。大喜びで机の上に飾ってます。


元パーツはこれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

鎌倉と江ノ島周遊

江ノ島の人出が15万人を記録!と新聞の一面を飾った日に江ノ島に行ってました。

事の発端は都電に乗ったときに「次は江ノ電だ!」という話をしていたからなのです。
とはいえ、どこに行けば喜ばれるか全く見当もつかない状態。
「大仏と江ノ島」というリクエストはあったので、鎌倉から行ってみようということに。

でもって、鎌倉に到着して真っ先に向かったのは駅前の喫茶店。
ホットケーキが有名だそうで、写真を見てこれは食べるしかないと決めていたのでした。
店の玄関でホットケーキを先にオーダーしてから席に着きます。
窓際の席に案内され、コーヒーを飲みながら雑談。優雅なひとときです。
焼くのに30分かかりますと言われたホットケーキが出てきたときは、思わず「おおー」とうなりました。
2010080101
これは凄い。小さなホールケーキみたいなボリュームです。
バターを一面にまぶし、メープルシロップをこれでもかとかけまくり、口に運んでみると非常に旨い。
卵の味といえばいいのでしょうか。卵菓子の味がするのです。後々気づくことですが、おそらくメープルを少なめにして食べ始め、最後の方でメープルたっぷりで終わらせるのが正解なのかも。
最初から「これが夢だったのだ~」とメープルたっぷりにしてしまったので途中で満腹感が出てしまったのです。
(でも食べた)
ボリュームが大きいので二人で一つにしたのも正解でした。一人一つならば昼食のつもりで食べねば。

おなかが満足したところで、混雑する小町通り方面を避け、銭洗弁天へ。
住宅街の中を抜けていくのですが、まるで高級住宅の見本市。鎌倉なのに品川ナンバーの車だらけとはこれいかに?地元ナンバーよりよっぽど多い。別荘なのか、見栄なのか!?
中盤を超えるあたりから全員汗だく。
とどめの上り坂に差しかかったあたりで既にハンドタオルはしっとりしめっている始末。
汗をふきふき、わずかに涼しいトンネルをくぐると銭洗弁天に到着!
弁天さまや~ともえあがる心を抑え、洞窟内にある拝殿へ。
何組ものグループがみんなニコニコしながらお金を洗っています。
看板を読むと「不浄のお金を洗うことで清らかにします」と書いてある。ふーむ、お金が増えますようにとお祈りしちゃったけどそうじゃないらしい。
帰りの道も汗だらだら。駅まで歩くなら長谷の大仏まで歩いてしまえということで、地図を見て最短ルートとおぼしき進路を取ります。
思えば、これが間違いでした。
最短ルートついでに寺社の一つでも見ようと稲荷神社へ。緩やかな上り坂、しかしこれを超えれば…との思いでゆくと、神社の先は山。

意を決して、「近道」と書いてあることだし行くか!と山道を登り始めると、程なくしてロープ無くては上れない斜面に出くわします。ハイキングコースどころか、登山道です。
登山道は土砂が流出してしまい、足を取られながらの難所越えになる始末。

2010080102

当然全員汗びっしょり。今更引き返すわけにも行かず、後悔しながらも前へ前へ。
全身ずぶ濡れになって息が上がりきったところで下り坂に。
久々にアスファルトの道路に戻った頃には、すっかり脱水症状を起こしてました。
いかん、このままでは倒れると思いつつ大仏へ。大仏横の椅子でしばし休憩の後、大仏様の胎内へ。様々な技法をこらして鋳造してるのね。すごいなあ。すごいと言えば、大仏の体に内側から近づくと熱気を感じるところ。大仏様もあぶられているんですね。

ある程度体力が回復した時点で移動再開。もはや苦行の旅と化した感もありますが、長谷駅から江ノ電で江ノ島まで。相変わらず江ノ電は満員です。
江ノ島では降りて皆が空腹を覚えたのでまずは腹ごしらえ。どーしようかーと言っているうちに江ノ島大橋が近づいてくるので、目についたお好み焼き屋に飛び込みました。
まあこれがなかなかに美味。冷房で体がようやく冷えて、ようやく生き返った心地になったのです。
人心地ついた後はいよいよ江ノ島へ。
片瀬海岸の人の群れに圧倒され、海岸の水上バイクの騒音に眉をひそめ、人混みをかき分けてまずは江ノ島弁財天へ。
2010080103

もう石段昇る途中で暑くて息が切れる。暑いと言うより熱い。
スヌーピーのTシャツはしたたるのではないかと言うほどずぶ濡れで「ぬれーぴー」「しおーぴー」と揶揄される始末。
神社では最近出来た銭洗の龍神池に宗教建築や仏像のたぐいは、新しいとありがたみを感じないという感想を抱きながら通過。昇ったところで特に何も見るところはないと知りつつもエスカーを横目に石段を登り続け、遂に最高地点を経て江ノ島の寺社仏閣を総なめ。洞窟のある海岸まで降りると帰りの体力が続かないから、と島の西側を回る道で帰途に。
持参した水は次々と底をつき、くたくたになりながら島の入り口の店でアイスを買って小休止。座ったが最後なかなか立ち上がれません。
江ノ電の駅に戻る頃には汗まみれのTシャツ(ぬれーぴー)は水をかぶったような重さで、このまま帰るのはとうていためらわれる有様。
仕方なく藤沢に行って替えのTシャツを求めることにしました。
藤沢までがこれまた混んでる!そして眠い!
藤沢に着いたら江ノ電のグッズショップでTシャツ購入。さっそく更衣スペースで着替えてさっぱり。
土産にたまたま小田急デパートに出店していた銚子電鉄のぬれ煎餅を購入して今度こそ帰途に。
一度江ノ島まで戻って、湘南モノレールのジェットコースター的快感をあじわいつつ大船へ。
大船で夕食を取って解散でした。
体力の限界まで遊んできた、と言えます。案の定大船から先は電池が切れてましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

トラジマもどき膝枕

ラムちゃんをイメージしたトラジマビキニもどきのグッズが出ているようです。
…我が家では、肝心のラムちゃんの顔がないのに買ってどうするのだろう派とこんなのラムちゃんのビキニじゃない派が激論を交わし、結局顔がついてもこんなのラムちゃんじゃないと騒ぐに違いないという結論に達しました。

だいたい、トラジマの線の入り方がやる気無いよな。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月8日 - 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »