« 2010年8月22日 - 2010年8月28日 | トップページ | 2010年9月12日 - 2010年9月18日 »

2010年8月29日 - 2010年9月4日

2010年8月31日 (火)

テキメン!爽快バブシャワー

もうすぐ9月だというのに相変わらず暑い。
起きると汗だく。シャワーを浴びて一時的にさっぱりしても家を出て駅まで歩くとすっかり汗だくで話にならぬ。
それどころか、シャワーを浴びた後、家の中でも汗が噴き出し台無しになる始末。

そこでシャワー中に体にふりかけて、軽く流して全身に行き渡らせるタイプの清涼剤「爽快バブシャワー」を愛用しているのだが、これが効果テキメン。
家の中なら汗をかいて着替えたばかりのTシャツをダメにすることもないし、表に出ても駅に着くまでの汗の量が半減。
ヨメが友人に勧めたのだが誰一人とて知らなかったらしい。電車のドア横広告にしりあがり寿先生のような絵の広告が出ているにもかかわらず知られていない。
こんな良品が知られないとはもったいない限りだ。

ちなみに我が家はこれ。

こっちのエクストラクールを試した人、うちの周囲で誰かいますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

コミックマーケット78・1日目

コミックマーケット78に参加してきました。

まずは1日目のレポートから。

今回は東の駐車場から入場する人を建物の入り口でお出迎えするお仕事でした。
本来の配属先は建物の中でお出迎えのはずだったんですが、屋外側が欠員でピンチとのことで当日朝に大幅な人員変更。それまでの計画崩れちゃったんだから人員管理側は大変だったことでしょう。
もっとも私は外の空気が吸えるとあって大喜び。
頑張るぞー!と意気込んで仕事です。
この日のトピックといえば、なんといっても飛行船でしょう。
おそらく多くの人が携帯電話のカメラで撮影した飛行船。一般入場列が移動を開始する時になって、大音量で待機列に宣伝音楽を流し始めました。
すかさずケータイを取り出して激写する一般参加者たち。スタッフが移動案内をしても聞いちゃいません。その様子を100m離れていたところから見ていた我々はベで始まってルで終わる方が視察にきたので、丁度入場が始まるところですよ、と話していたんですが、飛行船が大音量を出すわ、そのまま墜落するんじゃないかという動きで急旋回するわの傍若無人の振る舞いにビックリ
飛行船ってあんなに機動的に動けたのかとも驚きましたが、誘導指示が伝わらないように画策したかの如き飛行船の振る舞いに皆は怒り心頭。移動中にケータイカメラで撮影でも始まった暁には転倒事故を誘発させかねない安全に直結する問題です。居合わせた皆で、苦情を伝えてください!と口をそろえたのでした。

その後、列先頭集団を建物内側の通路(ガレリア)内への誘導を終えた後、会場まで屋外で待つ人々に対し色々案内をしました。
「一つ皆さんに聞きたいのですが、飛行船を撮影した人はいますかー!?」
なんと誰もいない。
「皆さん流石ですね~!撮影していると誘導案内を聞き逃して周囲から抜かれますからね。賢明な判断ですね!」
今回はこの「抜かれる」をキーワードに利益誘導型の案内をしてみました。

通常スタッフは「危険なのでご遠慮いただく」事を基本とし、なるべく規制は減らすのをスタンスとしています。ただ、それは他のスタッフも口にしているので最近試しているのが利益誘導型アナウンス。すなわち、○○しているとあなたにとって損ですよ、というもの。
今回は「ケータイいじっていると速度が一割落ちて他の人に抜かれます!」でやってみました。
事実、携帯電話やDSなど、携帯デバイスを操作している人は無意識のうちに速度が落ちます。それが後ろを渋滞させ、追い抜きを誘発して非常に危険。
注意力散漫になって前方の段差に気づかず転倒するという光景も段差のあるところだからたくさん目撃しました。
3日目なんか「既に百人以上転んでいる伝説の段差に皆さんはこれから挑むわけですが~」とアナウンスしましたが、本当に皆よく転ぶ。携帯やるなら休憩所で!
ともあれ、1割落ちます!はわかりやすいフレーズだったらしく、携帯をいじらない人は苦笑し、携帯をさわっている人は次々と閉じていって効果はあったようでした。

そーいや、アナウンスといえば一度聞かれたのが「セリフは前もって考えておくんですか?」という質問。
前もって考えておいても当日になるとすっかり忘れてしまい、考えておいたセリフを使った試しがありません。
それゆえ、毎回即興。その時その時で心に湧いたことを言っています。だいたい、その場の反応を見ながら台詞回しは変えていくものなので、考えておいたセリフを口にして上手くいくわけがないのです。
今回一番楽しかったのは、会場直前に建物入口の待機列へのアナウンスでした。
語尾を変えるだけで聴衆の関心を一気に引きつける、かといって拍手させないようにウケを取らない程度に抑える。拍手させるアナウンスの方がよっぽど簡単です。極端な話、つまらない説明をだらだらやったあげく「以上で説明を終わります。みなさんで良いコミケットにしましょう!」とか言ってぺこりと頭を下げただけでも拍手は起こる。だが、肝心なのは「注意事項を言うこと」でなく、聞いてもらって実践してもらうことです。
今回注意事項として強調したのが「フライング拍手をしない」と言うことでした。3日目なんかフライング拍手が列の後方で起こってましたが、自分がアナウンスしたところはフライング拍手に惑わされなかった。ちゃんと注意事項を聞いてもらえてありがたい話です。

さて、逆に初日の最大のショックが10時5分で声が枯れたこと。別に往年の長演説を大音量でしたわけではないのです。にもかかわらず声が出ない。これはショックでした。10:00~10:30が一番肝心な時間帯だというに!
そういえば、最近すっかり声を腹から出す機会が失われていました。使わないと声帯もダメになってしまうんですねぇ。

この日のトピックは他に午後の会場混雑があげられます。
2F通路が午後になって大混雑。上りエスカレーターから降りた人が通路に出ようとするも既に通路は渋滞して行き場がない。その人たちがエスカレーター上で溜まりだしていました。放っておくとエスカレーターから降りられないという事態になってエスカレーター上で将棋倒し勃発です。
責任者に見てもらってエスカレーター使用停止をかけてもらい何事もないままに済みましたが、自分には合わないなあと言っていた定点監視業務の重要性を思い知る出来事でした。

その日の夜はれすり姉さんとトンカツ和光。向かいの何かと話題を提供してくれた築地すし岩が閉店しているのを見て驚くのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月22日 - 2010年8月28日 | トップページ | 2010年9月12日 - 2010年9月18日 »