« BEAMSのうる星やつらTシャツ | トップページ | アニソンプラスに平野文ナレーション »

2011年5月 1日 (日)

築地千秋はなれ4月の食事会

前回参加して味を占めた築地「千秋はなれ」の食事会に参加してきました。
ランチで「はなれ」に行った時に予約していたので、この日の到来が非常に待ち遠しかった!

さて、今日のテーマは千葉県で水揚げされた魚と目鉢マグロというもの。
マグロは大好物なので楽しみだったのですよ!

2011042301
さて、今回最初に感動したのが、まずはマグロの刺身。殆ど千葉県で水揚げされた魚のオンパレードの中、唯一海外チリ産です。脂がのってますよと小川さんの説明を聞きながら口にすると赤身なのにトロ系を食べてるような食感。マグロ食べてはっきり甘いと感じる店は他に知りません。
旨いと唸ると、常連さんに「今から唸ったらこの先どうするの」とツッコミを受けました(笑)うーむ確かに。

今回も、「どれを食べても旨い」状態なのですが、行く末に立ちはだかったのが「酢の物」の文字。
げげ、今までよその店で見かけてきた酢の物はミツカン酢の匂いがして近づくのも嫌でした。果たして千秋の酢の物はどうなるか!とドキドキしながら口にしてみたら、なんと、あれ程酢の物が嫌いだった私が「これは別格」と食べられるじゃないですか。千秋マジック凄い。
カツオなのに、今まで知っているカツオと違って生臭さが皆無。どーすればこーなるのと言いたい。香草でごまかしじゃなくて、元からニオイが無い感じ。

2011042302

そして、お待ちかねの煮魚のお出まし。そう、千秋の真骨頂は煮魚なのです。今日は金目鯛。
口に運ぶと、柔らかな白身がふんわりと溶けるように口中に広がります。むむ、これは鰻の名店、南千住は尾花の鰻を食べて以来の触感。そしてこの煮汁が絶妙。その場の皆で「これはご飯がほしい」「持ち帰りたい」と口をそろえます。
ここで全員、途端に食事のスピードが目に見えて落ちます。何故かというと食べ終わるのがもったいないから(笑)
さて、最後はお待ちかねのマグロ丼。一切れごとに味が違うのには驚いた。身が締まってぷりっとした触感のものや、じわりと甘みが広がるしっとりとした触感のもの、いずれも甲乙付けがたい旨さの切り身が味わいを競っている。うーん、まさに口福。
ひとしきり舌鼓を打った後は、出された柏餅とお茶を瞬く間に平らげ、常連さん達と一緒に余韻に浸ったのでした。


次回も参加するぞ!

|

« BEAMSのうる星やつらTシャツ | トップページ | アニソンプラスに平野文ナレーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/51500576

この記事へのトラックバック一覧です: 築地千秋はなれ4月の食事会:

« BEAMSのうる星やつらTシャツ | トップページ | アニソンプラスに平野文ナレーション »