« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »

2011年7月17日 - 2011年7月23日

2011年7月23日 (土)

千秋はなれ月例会「初夏の魚」

先月も千秋はなれ月例会に参加してきました。テーマは「初夏の魚」
果たして何が出てくるのであろうと毎回ワクワクさせられます。店主の小川さんからは時知らず、剣先イカなどと伺ってはいましたが、魚が分かってもどんな料理として出てくるのかは当日のお楽しみ。

しかして、その事前に伺っていた魚とは!
2011062301
じゃじゃーん。時知らずルイベ(右下)と鱒之助ルイベ(左下)

分かりやすい表現をすると、鮭とキングサーモンです。
なんとも濃厚な味!鮭というとパサパサで匂いばかりする魚という偏見を持っていたのですが、今までどれ程味の抜けた鮭しか食べてこなかったのか、お里が知れてしまうというもの。
ルイベであっても、ここまで味わい深いものは初めてです。北海道旅行の時ですら、ここまで旨いものはなかった。(だから今まで一体何を食べてきたのだ…)甘さと旨味が濃縮されていて、本当に鮭なのかと思うほど。鮭の持つ嫌な匂いも皆無だし。
多分、最初に食べた鮭が今回の時知らずだったら、一番好きな魚=鮭の図式ができあがっていたでしょう。

画面上の刺身はイサキ。これも美味でした。歯ごたえがあってねぇ…毎回こうしてレポ書く度に涎が出るんですよね。ホント。

更に、剣先イカ活造り!


2011062302

透明のイカは生まれて初めて食べました。
「普段は魚も熟成させて食べ時にして出すんだけど、こういうのも面白いでしょう?」とは小川さん。
箸でイカの足を突っつくので何しているんだろうと思ったら、突っついたところに赤い斑点が出てきます。
「面白い~」と言ってイカを突っつき回す一同(笑)
よくよくイカの表面を見ると、赤い斑点が脈を打っている。凄いなー。あんまり見ているとイカが生きていたことに想いを馳せてしまうので、深く考えずにパクパク。

この後に出てくるのもどれもこれも美味なのですが、写真撮影に失敗したのでした。
だって、湯気出ているうちに食べたいんだもん。


さて、これは一ヶ月前の話。
あれから一ヶ月たった今日のイベント「まぐろの食べ比べ」にこれから行ってきます。
毎回胃袋が破裂しそうなくらい出てくるので、腹を空かせて行かなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年9月4日 - 2011年9月10日 »