« 2012年5月13日 - 2012年5月19日 | トップページ | 2012年5月27日 - 2012年6月2日 »

2012年5月20日 - 2012年5月26日

2012年5月26日 (土)

富山地方鉄道「ALPS EXPRESS」

水戸岡デザインの列車を訪ねて、富山地方鉄道に乗りに来ました。

Alps01

電鉄富山駅は発車5分前に改札が始まります。
10分前くらいから列ができはじめましたが、気がつけば後ろにずらり。
土休日運行時は水戸岡デザイン盛りだくさんの座席指定車両が連結されています。
座席指定制なのですが、面白いことに「車内受付先着順」
良い席が埋まったらどうしようと気をもんでいたのですが、朝一番の便は気にする必要なしの混雑率でした。もっと人気出ても良いと思うんですけどねー。普通列車の立山行きという運用だからでしょうか。
指定席に座った数名は明らかに水戸岡ファンという人ばかり。カメラを片手に車内を片っ端から撮影。無論私も負けずに撮影。

おもちゃでんしゃの様な棚があったり、たま電車の背の高いソファー、JR九州で培われた木質材料の肘掛けの椅子。そして天然水でコーヒーを入れてくれるカフェコーナー。窓の日よけはすだれ、車内に入るには特徴的なロゴをあしらった暖簾をくぐる。

Alps02

様々な車両で発表してきた水戸岡デザインのエッセンスがぎゅっと1両に凝縮されたかのような指定席車でありました。無論、床は木でできています。
自由席車にも行ってみるとコンパートメント席には折りたためる木のテーブルが。特急つばめを思い出しますね。
驚いたのは床に透明なビニールマットが敷いてある。何だろうと思ったら自転車置き場でした。土休日は自転車を列車に乗せられるんですね。この時の下り列車には自転車はありませんでしたが、朝方乗った列車には2両編成に3台くらい自転車同伴の乗客がいました。これなら富山都心部でも自転車で移動できて楽そうです。

Alps05


さて、指定席車に戻り自分の指定した椅子に座ります。すると窓枠が木で囲まれていることに気がつく。市街地を走っているときは「水戸岡デザインだなー」位にしか思ってなかったんですが、やがて立山連峰が見えてくるとこれは車窓を絵画に見立てた額縁であることに気づきます。
淹れたてのコーヒーの香りを楽しみながら、刻々と移ろう車窓を眺めるこの愉悦。額縁越しの光景は名画の如し。列車だからこそ成せる優雅な旅が、そこにありました。

さて、車内には様々な椅子があります。私が座った椅子は座布団があって良かったのですが、木の椅子で終点まではちとお尻が痛くなりそうな気がします。その点背もたれの大きい椅子はいいですね。

Alps03

Alps04


窓を向いている1人がけは斜めに向けられるのでお奨め。座り心地も良い椅子です。
壁にディスプレイされている水戸岡さんのデザイン本は手にとって読むことが出来ます。
ぱらりとめくっているうちに下車駅に到着。いくらでも乗っていたい、と思える楽しい列車でした。


Alps06


撮影した写真を片っ端からアップしたギャラリーはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

今夜も「お願いランキング」

今夜の「お願いランキング」も先週に引き続きうる星やつら声優特集コーナーがあります。必見!

前回のコーナーは良かったですね。まさか音響監督の斯波さんが画面に出てくるとは思いませんでした。
でも、古川さんに「パンツ見せて~!」と言わせる台本を書いたのは誰だ!あたるはパンツには興味ないぞ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月13日 - 2012年5月19日 | トップページ | 2012年5月27日 - 2012年6月2日 »