« キッズステーションうる星やつら情報など | トップページ | スカイツリーと東京タワー »

2013年2月 3日 (日)

マイナビニュースにうる星やつらインタビュー記事

節分の夜も残すところ数分、皆様いかがお過ごしですか。

節分と言えばうる星やつら。そろそろ座右の銘にしても良いくらい言を重ねてきました。
うちは朝晩ともうる星絵を描いております。(直近の作品はサイト(CARAT5つの味)に公開しています)

うちは今まで「うる星ファンなので「福は内」は言えても「鬼は外」は言えない!」と思ってましたが、「鬼は外~で一緒にお茶しましょう」と言えば良い事に気がつきました。なんで今までずっと気づかなかったのだろう。
いや、「お茶しましょう」はよそよそしい、「たまには外で一緒に飲もうか」とか、もうちょっと気が利いた台詞の方が良いな。

冗談はさておき、マイナビニュースに「平野文&古川登志夫が語る『うる星やつら』の世界」として、お二人へのインタビュー記事が掲載されています。
これはファン必見です。

古川さんが「平野ラム」って表現しているけど、その通り、そこが素敵。「ラムちゃん役の演技している」んじゃなくて、「ラムちゃんの声を出している」からこそ、台詞に無い息づかいとか、だっちゃ言葉じゃない台詞とかに強く惹かれます。「可愛いキャラを演じている」のだったら、あのラムちゃんの電撃かぶりつきの怒声とか、アンニュイなモノローグの声の様な、すこぶる魅力的な声は出てこなかったのではなかろーかと思います。

|

« キッズステーションうる星やつら情報など | トップページ | スカイツリーと東京タワー »

コメント

節分=うる星やつら
節分=ラムvs弁天   
毎年恒例の行事ですよね!

>「鬼は外~で一緒にお茶しましょう」
適切な表現だと思います、「鬼は外~」なんて言ったら鬼族の逆襲を受けそうですものね^^;。

うる星イラストはpixivでも閲覧しております。
仕事から帰宅してPC起動→うる星イラストを観るのも日課みたいになってます。

もし仮にこの先うる星やつらのリメイク版が出る事があったとしてもラムボイスは平野文さん、あたるボイスは古川登志夫さんであって欲しいです。
勿論、神谷明さん・島津冴子さん達豪華声優陣もそのままで。

やはり「待つっちゃダーリン!」ボイスは文さんにあり!

投稿: ラムちゃんねる | 2013年2月 4日 (月) 22時59分

「鬼は外~」って言っておびき寄せてからお茶に誘うのも手ですね!

リメイクは、障害物水泳大会が一つの形だと思います。
あれは現在可能な(しかもかなり頑張った)一つの到達点だと思います。
それでも、本放送当時の傑作の記憶と比較してしまうのはマニア故の因果ですね。
監督によってかくも演出が違うのかとも思いました。本放送の時の勢い、面白さとは別種でしたからね。
今後うる星の新規作品がでるなら、やはり声優陣は変えずにいてほしいです。単にその印象が強いからではなく、うる星やつらという作品に向かって誰よりも真摯に、かつ楽しんで取り組んでいた方々だからです。

投稿: GLUMip | 2013年2月13日 (水) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/56692528

この記事へのトラックバック一覧です: マイナビニュースにうる星やつらインタビュー記事:

« キッズステーションうる星やつら情報など | トップページ | スカイツリーと東京タワー »