« マイナビニュースにうる星やつらインタビュー記事 | トップページ | 徹底!花粉対策(マスク編) »

2013年2月12日 (火)

スカイツリーと東京タワー

スカイツリーの麓、東京ソラマチと東京タワーの両方にいってきました。
とはいえ、スカイツリーに登るつもりなどはなっからなく、目的は浅草今半で食事をすること。
「弁天」の間に通されてなんという我らにぴったりのネーミング(丁度弁天さまの絵を描き終えたあたりでした)と大喜びしつつ、舌鼓を打ってきました。
で、その後東京タワーで夜景を見るまでの間どうしようかという話になり、業平橋経由で行こうと決めたわけです。

で、ついでに見物したスカイツリー。広角レンズで交通信号などをあえて入れたり、冬枯れの木を入れたりしてぱちり。建築工学の観点から行くと、これだけの高さの塔をこの敷地面積で立てることの技術に感嘆の念を抱かずにはいられません。東京ソラマチの賑わいも、それまでの業平橋を知る身からすると俄には信じがたい混雑ぶり。これが下町にできたのだから驚嘆します。浅草駅~東京スカイツリー駅の乗降人員も増加しており、東武の「社運をかけた大事業」はひとまず成功したと断言できるでしょう。
Dscf5329

その後、東京タワーに向かいました。都営線経由で赤羽橋で下車。
すぐにタワーが目に入りましたが、裾を大きく広げた姿が優雅に見えます。
この色合いが美しいんだなぁ。
Dscf5337

でもって、今まで登ったことのなかった特別展望台に行くぞと今回は決心。
1時間待ちの表示にどうしようかと戸惑うものの、初心貫徹と展望台の入場券を購入。その間、大展望台からの眺めを堪能しているうちに日没を迎えました。雲が出ていて富士山まで遠望できなかったのは残念だけど、空気の透明度は高く、木更津のコンビナートまでが見える状態でした。
そして特別展望台に登った眺めときたら大展望台と全然違う。高層ビルで遮られていた視界の向こうまで見えるようになる。これは素晴らしい。六本木と銀座の明かりが目立つなーと思ってみてましたが、この画角が一番綺麗に撮れました。
Dscf5415

帰りは東京タワーのビル部分の屋上からタワーを見上げ、構造美に酔いしれつつ帰途に。流石に疲れてへろへろ。それでも満足の一日でした。
Dscf5450


|

« マイナビニュースにうる星やつらインタビュー記事 | トップページ | 徹底!花粉対策(マスク編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/56737934

この記事へのトラックバック一覧です: スカイツリーと東京タワー:

« マイナビニュースにうる星やつらインタビュー記事 | トップページ | 徹底!花粉対策(マスク編) »