« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

千秋はなれの月例食事会「海老」

千秋はなれの月例食事会に行ってきました。今回は海老づくしでありました。
前菜から最後に至るまでエビ、エビ、エビ!
料理の全数はあちこちで出席者がレビューを書いているので、今回は心に残った品をいくつか。
(いずれも甲乙付けがたいのですが、書き出すと止まらないですから)

毎回何かしら驚きのメニューが隠されている月例食事会。今回はお椀がそうでした。
P1410256
蓋を取ったら…なんと緑色!その上に赤唐辛子が色づけ用としてトッピングされている。
光線の加減もあって、最初は赤唐辛子が黄金色に見えました。海老なのに緑という衝撃と、緑色から連想する味と全く異なった味が口中に広がるこのギャップ。海老の出汁との事でしたが、ポタージュのような味わい。
味から原材料を逆算できません。後から分かったことですが、自分が知っている海老の味=ブラックタイガーなので、海老の味わいと認識できなかったのかも知れません。
ともあれ、この美味しさは格別でした。


P1410259
車海老の塩焼きもこれまた美味。
最初はお腹からがぶり。海老の甘みと塩の調和が絶品。
そして頭にかじりつき、チューチューと吸いたてると、独特の旨味がずぞぞぞっと吸い上がってくる。
食べるのがもったいないなぁと思っているうちに無くなってました。
続いて今度はガス海老。見た目は黒っぽくて美しさでは他の海老に比べて見劣りがするものの、味の良さではこっちに軍配が上がると思います。
これまた頭をがぶり。そのあといつまでも吸ってばかりで全然食べようとしないので周囲から総ツッコミを受けました。
だって、これいつまでも楽しめますよ。どんなに吸っても旨味が吸い上がってくるんですよ。

海老の食べくらべも面白かった。お造りでは6種、ゆであげでは3種の食べ比べなのだけど、ゆであげ3種の中にブラックタイガーが入っているのがポイント。無論、ブラックタイガーとて味のしっかりしているものがでてきて「ブラックタイガーだって旨いじゃないか」と驚くところからスタート。「おお、これは自分の知っている『海老の味』」が開始点なのです。ところがその後、車海老とか天使の海老を食べて目を丸くする。「これが同じ種類なのか」という位、別物の味。そりゃー、マグロ食べたときもインドマグロと本マグロじゃ全然味が違ったもんね。(どっちも美味かったけど)海老も違って当然よね。これは車海老の味わいが頭一つ抜き出ておりました。
こういう、「食べ比べ」が出来るのは千秋のイベントならでは。ごちそうさまでした。

おっと忘れてた。「海老真丈奉書巻き揚げ」ってのが、すごく美味かったの。
熱々でね、これも啜ると車海老の味わいが出てくるんだけど、熱くて啜れない。
熱い、熱くて食べられないけど美味い!どうしよう!ってもじもじしながら食べました。
これ最高ねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

うる星やつらのマグカップ

20130525

うる星やつら関連で発売された最近のグッズの中ではピカイチのセンスと思っているのがこのグリーン。
なんてったって、ラムちゃんの背景のコマの選び方が良い。
なにせ「夜を二人で」「最後のデート」「ラムちゃん牛になる」からコマをとってきている。
いずれのコマもデザイン担当者に拍手を送りたくなるような、うる星への愛情溢れるチョイスと言える。
可愛いだけじゃない。久々に良い品に出会った喜びを感じられる、ファン必携のマグカップである。
んー、これはデスクトップの加湿器を交換しても良いかも。
先日、超音波加湿器「チューリップスティック」を買ってきたので、これと組み合わせようかなと思ってます。

一方、ピンクの方はコミックス33巻の表紙に使われた絵を中央に配し、ハート模様と同色系でまとめているので明るさを感じるデザインに仕上がっている。グリーン買うならこっちも買いでしょうと、思わず買いたくなるのが人というもの。背景のトラジマがトラジマになってない(ゼブラっぽい)のはちょっと減点。でも、総じて高いレベルでまとまっていると思います。

それにしても、最近いろんな作品がマグカップになるので、「ユニクロが開ける」と言われた我が家は、マグカップ屋が開けるのではないかというようになってきました。

おっと、肝心のマグカップの購入サイトはこちらね。

※上記販売サイトに当記事を要約した文面でレビュー投稿しています。

あと、チューリップスティックってのはこれだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

サンデーの表紙をラムちゃんが飾る

20130522


サンデーの表紙をラムちゃんが飾るのって、いつ以来だろう。
ひょっとしたら描きおろしはうる星やつら連載当時以来じゃなかろーか(詳しい人教えてください)

そんなわけで、今週号のサンデーを買ってきました。
ブレてない綺麗な表紙が見たい人はサンデー買いましょう。


ラムちゃんのツノは原作ピンク、アニメでは黄色というのはムシマルさんに教えてもらって以来、自分で描くときも意識して彩色するようにしています。

今年は「高橋留美子画業35周年記念」ということで、色々るーみっくの企画が盛りだくさんなので嬉しいかぎり。

コミックナタリーに留美子先生へのインタビュー記事が掲載されたり、Web上の動きも目が離せません。
それにしても、よくインタビュアーはビューティフルドリーマーの話を引き出したなぁ。

多くの人々が留美子作品との出会いで人生を変えたように、うちにとっても留美子作品との出会いがその後の人生を決定付けました。うる星やつらがなかったら、今の友人達と出会うことも無かったし、学校も就職も違っていたはず。当然ヨメと出会うわけがないので結婚もしていなかったかもしれない。
うる星と出会わなかったら、どれほど無味乾燥な人生を送っていたことか。

留美子先生がデビューしてから35年、最新作の境界のRINNEを読んで「僕たちの好きな(ギャグを描く)高橋留美子が帰ってきたー!」と大喜びできるのは実に幸せなことだとつくづく思います。

昨日、「るーみっくわーるど 35 ~SHOW TIME&ALL STAR~」を本屋で予約してきました。
書店予約が出来る人はいまのうちに。特典切手が手に入りますよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

千秋のバスツアーに行ってきました(おそば編)

名残惜しくも旧中込学校を後にして、お楽しみの昼食へ。
雨が強くなってきてどうしようといった空ですが、お店に入ってしまえばこっちのもの。
文字通り吹き付ける雨にビックリしつつも出てきたのがこのおそば。

Dscf1070


そば粉100%だから、ツルツルという感じではありません。食感はぼそぼそ。そば粉ってのはすぐにちぎれて長い麺にならないし、のどごしも悪い物なのです。だからつなぎを使うのが当たり前。
しかし、このそばは口に入れてからが違う。最初は味も香りも大したこと無いのですが、噛めば噛むほどに豊潤なそばの香りと味わいが口中に広がってくる。
啜って飲み込むそばとは異なった楽しみ方が出来ます。自らの口が石臼になって、今まさにそばを挽いているのではないかとすら思います。
うん、これは旨い。

Dscf1071
そして二皿目に出てきたものは更級風。これは喉ごしを楽しむ物で、つるりと啜ってどんどん食べられる。
しかも汁が両者で異なる。試しに入れ替えて食べてみましたが、うん、やはり出てきた順番で正解。
そばでここまで旨いと思うのは初めてでした。どちらも旨かったのですが、軍配は圧倒的に最初のそば。そばを食べたぞという実感があります。
此程までに香り高いそばは生まれて初めて。しかも口の中に運び噛み締めてから初めて香りが花開く。
私は初参加でしたが、2年連続でツアーコースに組み込んだというのも納得の味でした。
さて、方々で既にすっかり出来上がった方々がいる中、いよいよ今回のメインである酒蔵へ向かいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

千秋のバスツアーに行ってきました(旧中込学校編)

旧中込学校がバスの車窓にちらり。
「屋根が見えてきた」と思ったら、中込学校の隣になにやら茶色い列車が展示してある。思わず目が釘付け!こっちも見学したい!

S0071029
さて、中込学校はアメリカ帰りの大工の手による物だそうで、細かいところまで造作に凝っています。
建築は専門外ではありますが、入口の柱を見ては建物の外側から見える方だけに凝った造作がしてあったり、天井の低さや、大型のステンドグラス(設置同時は大型ガラスの生産は大変だったはず)、設置してあるオルガンの製造所をみては「京橋」と書かれていて驚いたりしていました。
オルガンを即興で弾いているのを見て、音楽って凄いなぁと感心。音楽をたしなんでいると「楽器があるから即興で弾く」ができるわけですが(自分は出来ない)、絵を描いているから即興で描けるかといったら、少なくとも自分は出来ないですからね。(それだけにマジックで一発書きが出来るヨメは色々凄いと思ってる)
ステンドグラスはガラスの表面に凹凸があって、いかにも当時物といった案配。あれは昔からあのまま現物が展示してあるのだなと感心していたら、その後見学した資料館に「現在はレプリカを取り付けてあってこっちが当時物」との展示が。あれー。江戸東京たてもの園の解説員は「表面が波打ったガラスは新品が手に入らないので古民家解体時に譲り受けるなどして維持に苦労してる」なんて話していたから、新品入手不能だと認識していたのに、どうやって波打ったガラスを手に入れたんだろう。
館内の二階は天井にランプが配されており、見上げると実に豪華な造作。ランプは最近の物だろうけど、天井の模様は昔のままの可能性があり、職人の心意気を感じさせられました。
ひとしきり感心して廻り(展示物色々あったけど建物の構造だけ見て回って)、時間がないのでいったん抜けて隣の茶色い列車へ。

S0221046_2
なんと展示してあるのは旧佐久鉄道の気動車でした。
折からの風雨で傘が裏返しになるわ、カメラに水がかかるわの状況ながら辛うじて何枚か写真を撮ることに成功。
しかし、後で撮影写真を見てみたらぶれてたりピンぼけだったり酷い有様でした。

隣の資料館で当時物のステンドグラスを見て「あれーこっちが本物なの?」と驚き。確かに解説には今取り付けてあるのはレプリカ」みたいなことが書いてある。
でも、表面平滑で、当時からそんな技術があったとも思えず首をかしげてました。確かにヒビが入っていたり、技術が無くてガラスに着色できない色はフィルム(色紙?)構造だったりしていたんですが、うーむ。謎です。
一通り展示を見て、帰り際に連動機が置いてあるのを発見!しまった、先にこっちを見るんだった。

後ろ髪を引かれる思いで辞去。いよいよ本日のお楽しみの一つ、そば屋さんです。
まだそば屋にすら着いていませんが、続く!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »