« うる星やつらのマグカップ | トップページ | 千秋のバスツアーに行ってきました(酒蔵編) »

2013年5月30日 (木)

千秋はなれの月例食事会「海老」

千秋はなれの月例食事会に行ってきました。今回は海老づくしでありました。
前菜から最後に至るまでエビ、エビ、エビ!
料理の全数はあちこちで出席者がレビューを書いているので、今回は心に残った品をいくつか。
(いずれも甲乙付けがたいのですが、書き出すと止まらないですから)

毎回何かしら驚きのメニューが隠されている月例食事会。今回はお椀がそうでした。
P1410256
蓋を取ったら…なんと緑色!その上に赤唐辛子が色づけ用としてトッピングされている。
光線の加減もあって、最初は赤唐辛子が黄金色に見えました。海老なのに緑という衝撃と、緑色から連想する味と全く異なった味が口中に広がるこのギャップ。海老の出汁との事でしたが、ポタージュのような味わい。
味から原材料を逆算できません。後から分かったことですが、自分が知っている海老の味=ブラックタイガーなので、海老の味わいと認識できなかったのかも知れません。
ともあれ、この美味しさは格別でした。


P1410259
車海老の塩焼きもこれまた美味。
最初はお腹からがぶり。海老の甘みと塩の調和が絶品。
そして頭にかじりつき、チューチューと吸いたてると、独特の旨味がずぞぞぞっと吸い上がってくる。
食べるのがもったいないなぁと思っているうちに無くなってました。
続いて今度はガス海老。見た目は黒っぽくて美しさでは他の海老に比べて見劣りがするものの、味の良さではこっちに軍配が上がると思います。
これまた頭をがぶり。そのあといつまでも吸ってばかりで全然食べようとしないので周囲から総ツッコミを受けました。
だって、これいつまでも楽しめますよ。どんなに吸っても旨味が吸い上がってくるんですよ。

海老の食べくらべも面白かった。お造りでは6種、ゆであげでは3種の食べ比べなのだけど、ゆであげ3種の中にブラックタイガーが入っているのがポイント。無論、ブラックタイガーとて味のしっかりしているものがでてきて「ブラックタイガーだって旨いじゃないか」と驚くところからスタート。「おお、これは自分の知っている『海老の味』」が開始点なのです。ところがその後、車海老とか天使の海老を食べて目を丸くする。「これが同じ種類なのか」という位、別物の味。そりゃー、マグロ食べたときもインドマグロと本マグロじゃ全然味が違ったもんね。(どっちも美味かったけど)海老も違って当然よね。これは車海老の味わいが頭一つ抜き出ておりました。
こういう、「食べ比べ」が出来るのは千秋のイベントならでは。ごちそうさまでした。

おっと忘れてた。「海老真丈奉書巻き揚げ」ってのが、すごく美味かったの。
熱々でね、これも啜ると車海老の味わいが出てくるんだけど、熱くて啜れない。
熱い、熱くて食べられないけど美味い!どうしよう!ってもじもじしながら食べました。
これ最高ねー。

|

« うる星やつらのマグカップ | トップページ | 千秋のバスツアーに行ってきました(酒蔵編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/57467927

この記事へのトラックバック一覧です: 千秋はなれの月例食事会「海老」:

« うる星やつらのマグカップ | トップページ | 千秋のバスツアーに行ってきました(酒蔵編) »