« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »

2013年3月24日 - 2013年3月30日

2013年3月28日 (木)

千秋のバスツアーにいってきました(日本の労働を考える)

千秋のバスツアー記 その2
バスは高速道路をひた走るわけですが、どうにも道路は疎いので一体どこを走っているのかちんぷんかんぷん。
現在位置が分からないというのは気持ち悪いもので、「今自分がどこにいるのか」を頭の中の地図に書き込めないと、車窓の光景から必死に場所を把握しようという気持ちになります。
真っ直ぐな鉄道高架橋の下をくぐったので、どうやら新幹線らしいというところは分かった。だが、あれは何新幹線か。振り返ってみると架線の形状が東北上越新幹線の形状(ヘビーコンパウンド架線)なので、上越新幹線であろうと判断。周囲の土地の起伏を勘案すると、どうやらここは高崎の近くであり、なおかつ高崎以南を走っているのであろうとの推定されます。
後になって分かったことですが、高速道路が関東平野で長野新幹線と交差することは無く、高崎より南の藤岡で高速道は西に曲がり、上信電鉄の南を走るのです。
普段高速に乗っている人には噴飯物の当たり前の話ですが、道路地図が一切頭に入っていない私には「藤岡IC」の文字を見つけて、ようやく位置情報の特定に成功し、心の中でガッツポーズを取ったのでした。
藤岡の文字から群馬藤岡駅がこの近辺であろうと判断されたあたりで、下仁田ICで高速を降りて下仁田市街から峠越えのルートを取ると発表。上信電鉄がいつ見えるのかと車窓に釘付けです。
結局、高速を降りてから上信電鉄の線路と併走。おお、踏切だ!と思ったら下仁田駅の構内が見えました。

さて、バス車内では昭和35年に撮影された記録映画が放映。
当時の酒蔵の様子が描き出されるのですが、麹を運ぶところに刮目。早回しのフィルムみたいに皆小走り。
投げるように麹をぶちまけ、山となったものを手際よくならす。
そして醸造タンクを大きな櫂でかき混ぜるんですが、みんなで唄いながらかき混ぜてる。
そういや、昭和初期の保線工事の記録映画でも皆で唄いながら仕事していました。日本の伝統的な労働習慣って、唄いながらするものなんだろうか。保線工事ではタイミングを合わせるために唄うことで、リズムを取っていたのだけど、これもそうなのかしら?
そう思いつつ今回のツアーコンダクターである酒蔵の人に聞いてみると、あれは攪拌の時間を計っているとのこと。
何番まで唄うとタンクの中はどういう状態になるのかというのが経験として蓄積されており、唄うことで的確な攪拌ができるのだとか。
唄うことで従業員のモチベーションを保つという側面もあるという話を伺った後に「1番だけ」と一曲披露していただきましたが、なんと唄の最後は「江戸へ出す」
租税として日本酒を上納していたという内容が記録映画にもありましたが、自分たちが作った酒を江戸へ出すと言うことは、蔵人達にとっても誇りだったのだろうなと思うと共に、分水嶺の向こう側にある江戸に対してどうやって運んだのだろう、唄も江戸時代から続く伝統なのだろう等と、歌一曲をとってもみても歴史を感じさせてくれる内容でした。

記録映画を見ている内に峠を越え、旧街道を横目に見ながらバイパスをひた走ると、見たかった旧中込学校へ。
村民の寄付金で建った立派な建物です。
ここがまた面白い所だったのだけど、続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »