« 2013年5月26日 - 2013年6月1日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »

2013年6月2日 - 2013年6月8日

2013年6月 2日 (日)

横浜本牧駅公開と京急ファミリー鉄道フェスタ

タイトルの通り、横浜本牧駅公開と京急ファミリー鉄道フェスタが先日同じ日に開催された。
どちらもすっかり参加は諦めていたのだが、急遽スケジュールの都合が付いた。はてさて、どっちに行こうかしら。
色々悩んだが、横浜本牧駅は初公開の貨物駅。普段は立ち入り出来ず、近づく機会もない場所にある。一方の京急は過去何度も訪れており、グッズは郵送申込による優先販売方式だから、朝から行ってもめぼしい物は手に入るまいとあきらめが付いた。過去の経験から貨物駅のイベントはそんなに長時間滞在しないだろうと踏んでいたので、最初に貨物駅を訪問し、時間が余ったら京急に行くことに決めた。
17時には浅草に行って友人と合流しなければならないのだから、時間調整の候補を見つくろっておいて、それらの行程を組み合わせればなんとかなる。

そんなわけで、横浜本牧駅最寄りのJR根岸駅に到着。10時開場のイベントに最寄り駅10時着とはいえ、ここからシャトルバスである。誘導されるままに進んでいくと駅からどんどん離れた方向に進んでいく。駅前ロータリーのバス乗り場の番号を最初の係員は告げていたはずだが、一体どういうことかといぶかしがっていると何のことはない。2ブロック先まで歩いていくと、列の最後尾が100mを越えてずーっと続いているのだった。
ああ、これは失敗したと思った。周囲は親子づれでいっぱいであり、子供がギャンギャン泣いている。日差しは刺すように暑い。日焼け止めの対策など一切しておらず、ある程度は覚悟せねばなるまい。
幸いにも満員のバスが目の前で出発し、次の便に座ることが出来た。
会場に着いたらすんなり入れるもの、と思っていたが、全くもって甘かった。ここでも100mを優に超える長蛇の列。
しかし、貨物鉄道の景色とは普段見慣れない物だから実に新鮮に映る。非電化単線に木枕木。ローカル線と違って臨港地区を背景に延びる線路。貨物用の信号も旅客のそれとは異なり、誘導信号みたいな白色灯がぽつんと立っていたりする。
それにしても、凄い人出だ。列に並んで中に入ったはいいが、イベントコーナーには人のかたまりで近づく気がしない。しかも、大半が親子連れである。人垣の向こうにはミニSLだったり、行列の先頭はフォークリフトの運転台だったり。
正面からSLが撮れるという撮影列も大行列。これはやりすごして、人垣の隙間から辛うじてパチリ。
P1410306
大物車なども展示してあったけど、イベント会場側からは撮影しにくい奥の方にあってあまりよく見えなかったのが残念。会場外の歩道に人だかりがあったのはそれだったのね。
P1410323


一通り会場の雰囲気を楽しんだ後は京急久里浜へ。横浜まで戻ろうかとも思ったが、空腹を抱えていたので杉田で食事を済ませて会場へ。こちらも会場行きシャトルバスの列が…
久里浜工場は年々展示が充実。現業部門は各職場から職員が集まってスタンプラリーを行うなど、従業員の士気向上とちびっ子の職業認知に役立つ取り組みを行っていてなかなかに興味深い。
それにしても、鉄道部品即売ははがき申込の優先販売だから、もう何も残ってないのかと思っていたら、なにやら人だかりが。
え、うそ、まだ売ってるの!?
驚き桃の木山椒の木!まだ方向幕が残っているではないか。出自が分からないものばかりかと思っていたら、よく見ると番号が書いてある。「これ、車号ですか?」「そうですよ」
すかさず購入。
おおー、買えた買えた、方向幕買えるじゃないの。あとは何が残ってるのかなー。
…なんと大物発見。壁に立てかけてある物をよーくみたら、売ってますこれ。
逡巡しましたが、意を決してお会計へ。
だって、2100形ですよ!…今の京急を鑑みるに、今後このカラーリングは出てこないかと思うと、2100形が京急で一番好きだった最後の列車になるかも知れない。
そんなわけで、悩むんだったら買ってしまえと。

これで物欲が完全に満足してしまい、駅の部品コーナーに立ち寄らずに帰ろうと心に決め、改めて会場内を見学。
P1410423
台車抜き取りを見学して台車と車体の接続構造に理解を深めた後は、ぎ装中の車体や床下を撮影し、一通り工場ならではの光景を堪能。
P1410475
P1410484

時間も迫ってきたので帰りは久里浜工場発京急久里浜行の臨時列車に乗ることに。
一度品川方に引き上げてから折り返して久里浜方面へ出発。
さっき乗ってきた仮設ホームの方を見ると、京急の方達が空港で飛行機を見送る航空会社の人みたいに全員で手を振って見送っていることに驚いた。
うーん、やるな京急。こういうのが子供の心を捉えて、将来の京急ファンをつくっていくのである。

で、これが本日我が家に到着した次第。
S0016894
2100形のドア。重たくて持ち上がりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月26日 - 2013年6月1日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »