« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月22日 - 2013年9月28日 »

2013年9月8日 - 2013年9月14日

2013年9月11日 (水)

コミックマーケット84を振り返る

もう早いもので9月。今日も関東は暑かったが、コミケ2日目を思い出して堪え忍びました。

今回のコミケはひたすら暑い、暑い。
猛暑日に大はまりして、非常に過酷でした。体温に匹敵する気温+アスファルトの照り返しで輻射熱を含めた温度は40度以上を観測してるんだもんねぇ。

さて、うちらは1日目のサークル参加でありました。
例年より30分くらい早く西1Fのホール内にも人が流入してきた感じ。
20130811
ヨメの本は午前中に、アニメうる星やつら30周年記念本は昼過ぎに完売。委託本も程なくして完売となりました。
今回も波が凄かった。人が来ないときは来ない、来るときは集中して一気に来る。
人が訪ねてくるのも集中する。ゆっくり話したい人が来たときに限って忙しい。コミケで満足に話すなんてどだい無理なのですが、それにつけても重なることが多い。
お隣にはみ出す人を通路側へ誘導し、人垣はなるべく自分のスペースの前へ。
ファン同士がばったりと会って話が弾むのは良いのだけど、通路を塞がぬよう、周辺サークルへ迷惑をかけぬよう、それとなく誘導したりと色々苦労が絶えません。
別のジャンルと思われる少年らがうちのサークルの前を待ち合わせ場所にして集まりだしたときはどうしようかと思いましたが、参加者の心得としてサークルスペースの前で集まらない配慮は欲しいものです。そもそも通路は待ち合わせ場所じゃないですからね。

さて、机の上がすっかり空になったので撤収作業を開始し、荷物は全部ゆうぱっくへ。ポスター吊りとポスターを段ボールでくるんだらトーテムポールみたいな形になりましたが、聞けば発送可能とのこと。列も短く各列5名。あっという間に発送です。その後、西地区から東地区へ移動したらゆうパック列はホールの半分に達するほどの長蛇の列。ちょっと足を伸ばして西地区へ行けばすぐ発送なのに、ご苦労なことだなぁと思わずにはいられません。東1ホールトラックヤードと西1ホールトラックヤードは、意外と近いのです。
撤収も完了したので15時で解散。閉会前に撤収するのはずいぶんと久しぶり。今回は東地区へ挨拶しに行くことにしました。
ところが、流石に時間が遅く誰一人として挨拶できずコミケ終了。
この日の打ち上げは築地は千秋はなれ。一度やってみたかったコミケ打ち上げでの千秋。夢が叶いました。
疲れた体に魚の旨味が染み渡る!今回も色々と美味しい料理を用意してくれました。いずれも涼を感じる料理で、料理長我々がどういう環境をくぐり抜けてここへ来たのかわかってるなぁ(笑)中でもハモの卵ごはんは格別!満腹になって大満足の打ち上げでした。

2日目はブリッジの中で一般入場先頭列をホール別に分けるお仕事。昔と違って参加者の動きも落ち着いてきたし、自分の目の前では綺麗に列が出来ていくし、これなら合格点だろうという出来映え。
しかし、その後が辛かった。この夏最高の猛暑ではないかというほどの気温、午後になって東4ホール前の4連エスカレーター下に立ったけど、横を次々と車椅子が通り抜けていき、救護室担当が要救助者を搬送してきたなと思ったら、すぐさま折り返しで出発のピストン輸送。その都度混雑に阻まれているのでこれはイカンと通路確保に努めるんだけど、いくら通路を広げてもすぐに埋まる状態。どーにもならないので、最後は「皆さん、酸素を吸いに表に行きましょう!」と言って周囲一帯から座り込みを無くしました。あそこは本当に酸素が薄く息が続かない。体力回復のためと座っていると、逆に体調が悪化する場所なので「表の日陰の方がいいですよ」ってのは、嘘じゃないです。
それにしても今回は混んでいた!来場者数が多すぎです。物見遊山の人は来ない方がよいとつくづく思います。
午後になると都心の方から徐々に集中豪雨が接近。世田谷まで降ってきて、これはここも直に雨になるなと思っていたら、案の定宅配便の引き受け場所変更のお知らせ。
ゆうぱっく列を担当したんですが、まぁ列が伸びる伸びる。あっという間に東1ホール前から2ホール前へ達し、前へ詰めてもらうんだけど一向に始まらない。
そりゃそうですよね。表では機材移動させるのに晴海郵便局も必死なんだもの。
列はいつの間にかホール内へと伸び、最終的にどこまで達したかは視界から消えてしまい分かりません。
私はこういう修羅場に燃えるたちなので楽しかったのですが、並んでいる方は大変だったろうなぁ。私なら迷わず西のゆうぱっくへ行ってました。
しかも、ゲリラ豪雨は有明直前で消滅。降らずに良かったんですが、ちょっと拍子抜け。

3日目は北コンコースで列整理。静止した列幅を狭めて、この先通れるようにするわけですが、ここでアナウンスミス。
「8列でお並びください!…さあ、今日の皆さんは3日目の人のように綺麗に並べるでしょうか…」
『…今日3日目だよ…』という声が漏れ聞こえて途端に列がざわつきます。そうだ、今日3日目だよ(笑)これ、いつも2日目の人に言ってる台詞だよ。
※今回は2日目と3日目のジャンルが入れ替えになっており、いつもなら2日目に並んでいる人たちが来ていました。
開場前に列が完全に止まったときも、ふと思うことがあって一つ案内アナウンス。
「皆さん、最近私が注意しているのは、フライング拍手をしないということです。フライング拍手をすると、皆さんが不利になる、分かりますね。私の予想ではもうすぐ前方から拍手が聞こえてきますが、フライングです。決してフライング拍手はせず、開場までお待ちください。」と言って数分もしないうちに前方から拍手が。
私の声が届いたと覚しきところで拍手はピタリと止み、後方に伝わることはありませんでした。
これからの自分の役割って、この辺なのかなー。
そういや、道案内したときに「今回もスタッフの名言期待しています!」って言って去っていった子がいたけど、正直受け狙いの発言をしているのをもてはやす風潮には眉をひそめているし、特に今回Webで話題に上った物の大半は特定の作品を見ていないと理解できない内容で、どうかと思う。
普通に言うと聞き流されてしまうアナウンスの内容を、一人一人の心に届き、実効性を持たせるためには、共感性を持たせたり、目的意識の共有が出来たり、自分の利益になると認識してもらえる切り口であったりすることが重要だ、というのが持論。だから私も今まで色々と試してきたけれど、実効性を伴わないアナウンスでは百害あって一利なしだと思う。だから、そーいうおかしなところをフォローする立場の方が、今後の役割なんだろうなぁ。
…というよーな、後輩指導しろと言われた頃からやってなきゃいけない話を今になって改めて考えてみたり。

3日目は他にトピックといえるような面白い話もあまりなし。
エスカレーターから降りてきた若者が「混んでる、マジやべぇ」と言っていたので「今日はこれでも空いている方ですよ」と言ったら「マジでっ!」と本気で驚いていたことくらいかしら。最混雑時間帯でも床が見えるのは空いている方なのよ。

色々全体的な課題もあるけど、個人的には暑さに苦しめられながらも楽しく充実した3日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

大魔神怒る新作フィギア

前回、目が動く大魔神フィギアを出したリックから、大魔神怒るの新作フィギアが発売されるようです。

着ぐるみの「より目」を再現できる前作はうちも買いましたが、これぞ大魔神!と言いたくなる表情が作れて気に入ってます。
今回は湖割りのポーズ。今回も買いますとも!

うる星関係のレビューとか、平野文さんの朗読劇感想とか、旅行記とか、書く物が溜まってますが近いうちに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月22日 - 2013年9月28日 »