« コミックマーケット85を振り返る | トップページ | 大魔神雪像つくったよ »

2014年1月30日 (木)

新型空気清浄機導入

交換すべきフィルターなしという驚き構造の空気清浄機は我が家の玄関用として主力機の立場を離れた後も長年活躍していたのだが、遂に電源が入らなくなってしまった。
どっか断線したのかと思い分解し、あわよくば動かせるかもと思っていたが、静電気集塵式の本体内部は流石に劣化が進み、あちこち放電電極が溶けてしまっている。この機は十分働いた。通年でずーっと稼働して、部品の生産終了を迎えてもなお稼働した。最近の家電にしては持った方と言える。
稼働機が1台減ったのでここいらで買い換えである。
従来、空気清浄機は単機能を良しとしてきたが、世の主流が加湿機能付きとなっていること、どーせ空気を循環させるなら加湿フィルター経由させた方がランニングコストとして有利であること、我が家の加湿能力が不足気味であることを勘案し、加湿空気清浄機を購入。

これです。パナソニックの昨年モデル。

めんどうな加湿フィルターの洗浄などはまだ行ってないので、メンテナンス以外の評価に偏るけど、色々機能が付いたなぁと言うのが第一の感想。
人感センサーで人を検知するとホコリを舞い上げる前に風力が強くなる、照度センサーで部屋が暗くなるのを検知すると睡眠と判断してパネル消灯して静音運転。
基本的なフィルター性能はもう上限に近いので、こういうオプション機能がどんどん加わっているんですね。
今年モデルはHEPAフィルターらしいけど、御覧の通りまだお値段が高い。

以前のモデルは集塵フィルターを外すと、フィルターと本体の隙間から漏れたホコリが脱臭フィルターのメッシュに付着していたことがあったので、フィルターと本体の隙間をマスキングテープで埋めたりしていたけど、今度のモデルはマスキングが難しそう。とはいえ、以前よりしっかりはまるようにできているので、最初はこのまま運用してみるつもりです。

加湿すると花粉も地面に落ちやすくなるので花粉症持ちには加湿空気清浄機という選択は良いのではないかと思っています。

さて、肝心の加湿はどうなったかというと、導入前は40%以下だった湿度が50~60%にあがりました。
ただし、今まで結露と無縁だった我が家に、一カ所だけ結露が生じました。
我が家で一番冷える窓なので、こればかりは仕方ないですね。

従来からの自然気化式と超音波式の加湿器も引き続き補助的に稼働中です。
うる星ファンならこっちの加湿器の方がいいよね(笑)
760b77e0477e16140827a6793031ada0_m

なお、コレクション部屋には加湿装置が無く、冬場は常に乾燥状態。湿った空気が流入しないよう風上になってます。こんな部屋でも、夏場締め切りにするとカビが生えたりするので注意が必要です。

|

« コミックマーケット85を振り返る | トップページ | 大魔神雪像つくったよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/58970575

この記事へのトラックバック一覧です: 新型空気清浄機導入:

« コミックマーケット85を振り返る | トップページ | 大魔神雪像つくったよ »