« うだつの上がる美濃の街 | トップページ | 喫茶宝石箱は珠玉の宝石だらけ »

2014年6月30日 (月)

平野文の声が聞こえないラムちゃん

久々のうる星情報です。
とはいえ、最近あんまり紹介したい話題がないのが正直な話。

時系列としては、このあたりから紹介していないはず。

コレじゃないラムとして話題になっているコトブキヤの新作フィギア。

んん~。確かにフィギアとしての出来は良い。同人作品だったら、凄い!上手い!って評価していたかも知れない。
でも、このフィギア、うちが知っているアニメとも原作とも違う。ラムちゃんのコスプレとしては最上級のデキだと思うけど、ラムちゃんの要素がことごとく欠落している。
これはラムちゃんにかけては右に出る者がいないと、うちが尊敬している某氏と一致した見解なのだけど、「あばらの下の線が出ているのはラムちゃんじゃない」のだよね。

作家による多様性はあってしかるべきだし、そこもまた楽しいところなのだけど、あんまりにもアニメとも原作ともかけ離れているのを「公式でござい」と出されると、この人どこまで好きなのかなぁ、企画者の情熱と現場の情熱が乖離しているんでは無かろうか、と色々首をかしげる事が多い気がする。


二つめ。今日話題になっている「リゲインのCM
すみれさんの本意が分からない状態で、こういう事を言うのも失礼ではあるが、正直に言うと、ろくに知らないのに仕事でやらされてるというのが印象。これは仕事を行う役者側にとっても不幸な話だと思う。インタビュー記事のだっちゃ言葉もおかしい。(台詞はちゃんと脚本書く側が仕込んでおくべきで、関係者に好きな人がいないんじゃないかと思えてしまう)

CMキャラクターに、キャラクターとしてのラムちゃんを使うのは喜ばしいことだ。うる星で育った世代が、企画者なり、企画にゴーサインを出せる立場になったからか、80年代モノを使った企画が最近増えていて、これ自体は個人的にも歓迎したい。
だが、不幸なことに現場に好きな人がいないんじゃないかと思える事例が多すぎる。
その点、同じスタジオぴえろでもクリーミーマミはいいなとか、セーラームーンはグッズに恵まれてるなと、隣の芝は青いと思ってしまうのだ。

今回のCMを見たうちの感想は「アニメのうる星は、本当に上手くラムちゃんを飛ばしていたんだな」「コスプレ衣装は良くできている方だな」の二点。多くは語るまい。
コスプレをするのは自由。コスプレを使ったCMを打つのも自由。


最近、「(ラムちゃんのフィギアを見ても)平野文の声が聞こえない」という表現をWebで見かけたけど、平野文が声をあてて違和感を感じるのは、やっぱりちょっと違うよなと思うのです。
悔しいけど、自分の絵からも平野文の声は聞こえないのよね。早く聞こえてきて欲しいのだけど、どうも声のトーンが違うのだ。

あと、新作パチンコもありましたね。これも発表会のポスター見て、頑張ってるんだけど違和感がね~。と偉そうなことを言ってあまりチェックしていないんですが、どーなんですかね~。ムービーとか細かくチェックすると良いのかしらね!?(ラムちゃんは平野さんが声をあてていますが)


一方、以前大絶賛したspinnsのコラボTシャツには新作が
さりげなくラムちゃんがあしらってありますが、これは原作からのチョイスも良いと思います。
いいぞ、spinns、応援しているぞ。

|

« うだつの上がる美濃の街 | トップページ | 喫茶宝石箱は珠玉の宝石だらけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/59905061

この記事へのトラックバック一覧です: 平野文の声が聞こえないラムちゃん:

« うだつの上がる美濃の街 | トップページ | 喫茶宝石箱は珠玉の宝石だらけ »