« 2014年6月29日 - 2014年7月5日 | トップページ | 2014年7月20日 - 2014年7月26日 »

2014年7月6日 - 2014年7月12日

2014年7月 6日 (日)

喫茶宝石箱は珠玉の宝石だらけ

京王線は千歳烏山駅から徒歩5分、80年代少女文化に焦点を合わせた喫茶「宝石箱」に行ってきました。
コンパクトな店内は80年代そのもの。少女文化とは縁もゆかりもない私ですら、ワクワクしてきます。
Brr3uoccyaasgfk
店内に置かれている雑誌、漫画も80年代の作品や、それらをテーマに扱った物でそろえてあります。ガラス扉の棚の中には少年誌も。3冊あるサンデーはいずれもうる星が掲載されていました。
「はいからさんが通る」のコミックスの並びにうる星やつらのコミックスも。1巻と34巻だけでしたが、34巻は初版本。

暮らしの手帖を手に取ると、どの換気扇がサンマの煙をよく吸うか、なんて記事が載っているし、戦中派の人がコラム書いていたりする。
ページを捲っている内に注文したケーキとイチゴソーダが到着。イチゴソーダなんて今じゃ滅多にお目にかかれない。これがなかなかに美味しく、大満足。
コミックスに目を転じると、さすがの猿飛を発見。最終話の絵はこんなに可愛かったのねと驚き。巻末の広告ページにはうる星が載っていて、丁度ビューティフルドリーマーのフィルムコミックが発売中と書かれていました。

空いている時間だったので長居したくなり、コーヒーを追加注文すればブラックでスイスイと飲める美味しい一杯がハンドドリップでやってきました。近くの焙煎珈琲店でブレンドされた物だそうで、珈琲を楽しむだけでも価値があります。
気になっていたサンデー3冊も、「なんか妖かい」や「六三四の剣」などを読み、ハシラなどの編集の仕事ぶりを堪能。いやはや、贅沢な時間でした。
当時のジャンプなどもあるので、男性諸氏でも楽しめると思います。また読みに行きたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年6月29日 - 2014年7月5日 | トップページ | 2014年7月20日 - 2014年7月26日 »