« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月24日 (火)

コミケットスペシャル6に参加します

もうすぐコミケットスペシャル6ですね。3/29(日) G05b 「CARAT5つの味」で参加します。

まずは当日頒布するものからご紹介しましょう。

ビューティフル・ドリーマー30周年記念本
B30cmtop_2
先日のコミックマーケットで頒布を開始した30周年記念本シリーズ最新刊。

ラムちゃん柄の手作りポケットティッシュケース
Tei_2
柄はブルー、ピンク、トラジマの組み合わせ。高橋留美子先生の絵柄の市販生地を手縫いでかりんが仕立てました。
ブルーはMXTV「おしあげNOW」の秋のアニメ特集の時に番組で使った生地です。

コミックス20巻「トLOVEル・レター前編」で水乃小路飛麿が使った便箋
Ton_3
コミックス20巻を読んでから会場にお越しください(笑)

最近のうる星関連情報をまとめた新聞「友引日報 号外」も頒布します。
号外なので無料配布。1人1枚まで。「毎日うる星日記見ました」とお声がけください。


また、当日のみの本・グッズ展示があります。

完売してしまった、「うる星やつら30周年記念本」「うる星やつら31周年記念本」「アニメうる星やつら30周年記念本」の3冊を持って行きます。
読みたかった、もっと早く知っていればとの声を多数頂いた、この3冊。是非スペースで立ち読みしていってください。(頒布対象外です)
A30

うる星やつらに登場したアイテムも展示します。(注意 地球人への頒布はいたしません)
「アイスクーラー(コミックス23巻:アイスクーラー・リラックス)(アニメ:刺激的だっちゃ!恐怖の頭上クーラー!!)」
「筋肉増強剤(コミックス23巻:勇気ある決闘)(アニメ:ラムの勇気ある決闘!勝利はせこい手で)」
どんなものかは、当日会場でお確かめください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

古川登志夫と平野文のオールナイトニッポンモバイル聞きましたか?

皆さんWebで「古川登志夫と平野文のオールナイトニッポンモバイル」はもう聞きましたか?
うちも公開初日に第二回まで聞きました。
いやー、期待以上の素晴らしさ。
古川さんと平野さんのお二人がDJをしていると、会話が盛り上がって声が弾んでくると諸星夫妻に聞こえてくるのは、以前「平野文のRADIOタイムライン」の時に書きましたが、今回はだっちゃ言葉連発!
普段は著作権の絡みでラムちゃん声は出さないとの事ですが、番組なのでOKなのでしょう。
しかも、文姉さんが古川さんにおねだりする時の声は脳裏にラムちゃんが浮かぶ可愛らしさ!
軽妙洒脱で仲の良さが伝わってくるトークは、今回ますます諸星夫妻のような声に聞こえます。
DJとして波に乗ってくる第二回は100円でしたが、この声が聞けるなら安いもの。

いやー、良い時代になったなぁ。うる星関係は高橋留美子画業35周年の時まで、ほとんど動きが無くてファンとして寂しい思いしていたのよね。
それが、コスメや入浴剤、服飾に菓子と、原作絵での相次ぐグッズ展開に加え、声優さんが自ら動いてうる星コンビでラジオですよ。

いやはや、良い時代だ。
問題は、これ、うる星ファンでも知らない人多いんじゃないかと言うところ。
声優さんをtwitterでフォローするなり、ブログをチェックするなりしていないと多分気づかない。
もっと、大々的にどこかのメディアが取り上げてくれないかなぁ、とつくづく思うのです。

うちも応援したいので、最近のうる星情報をまとめた「新聞」をコミケットスペシャル6で配布しようかと考えています。
コミケットスペシャル関連の情報は別途お知らせします。
開催直前の27日くらいかな?(うちの参加は2日目G-05b)

もう一回言っておこう。良い時代です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

スカイツリーと東京大空襲

今日、3月10日は東京大空襲から70年目である。

空襲では祖父も祖母も焼け出された。
祖母は空襲のことはあまり語らなかったが、避難先から振り返ると山手線方向の空が真っ赤だったことは記憶しているという。その祖母も既に他界し、当時のことは永久に聞けなくなってしまった。
一方、祖父の家は元々日本橋にあった。それが関東大震災で焼け出されて、当時は東京市街区域外であった千住に移転し、東京大空襲で再び焼け出されて隅田川の東に引っ越したのだという。「ひ」が発音できない、直進を「まっつぐ」という江戸っ子の言葉が会話の節々に見えるのはそういう理由だったのだ。

関東大震災と東京大空襲。東京は徹底的に二度も焼け、その都度計画された復興計画の延長線上に、東京という都市が形成されている。
近年話題になっている木造住宅密集地域(木密地域)は消防車が通れないといった問題を抱えているが、これは焼けてない地域の証拠だ。
関東大震災の復興計画では東京の主要街道を中心に規格化された道路が縦横に引かれていた。道路の幅員も堂々たるもので、実現していれば大火が発生しても主要街道で区画されたブロックから先には被害が及ばないはずであった。
何しろ、道路中央には緑地帯が引かれ、幅員は100m確保される計画だったからだ。
興味深いことに、当時の都市計画図(公共施設の配置図)を見るとその果ては町屋(東京都荒川区)である。宿場街として発達した千住は計画地図外であり、郊外であったことが伺える。
周知の通り、関東大震災時の帝都復興計画はその壮大なスケールがあっという間に縮小し、インフラの脆弱な東京が出来上がった。
この時の都市計画が当初の通りであれば、空襲の被害も変わっていたかも知れない。(とはいえ、その時はそれに応じた分の焼夷弾が降って結局は変わらないのかも知れないが、これは歴史のifであり論じても仕方がない)

関東大震災で過密な都心部から郊外への人口流動が発生し、東京の外苑部は急速に発達した。
今の東急が田園調布を開発したのは震災前であるが、このような郊外に良質な宅地を開発して分譲する流れは大小様々な住宅開発を生み無秩序な街区の形成へと繋がった。関東大震災を機に東京は一気に郊外へと拡大する。
その結果が区部にあっては現在の木密地域であり、それは当時の東京市の外縁に位置していたのである。
木造住宅が密集していたのは、現在の木密地域だけではない。
消防車が通れる幅員の道路が縦横に交差する綺麗な碁盤の目。これを備えている隅田川の両岸も空襲で焼け野原になった地域であり、灰燼に帰した首都の復興に際し、一応の都市計画が機能した場所である。
復興と共に機能した都市計画もあれば、復興と共に消えた都市計画もある。
東京をぐるりとグリーンベルトで囲む大緑地帯計画がそれだ。戦時下の東京都でも「防空空地」の名目で土地が買い進められ、一定の成果を上げつつあったが、戦後GHQが「防空空地」の名称から用地処分を命令し、僅かな都市公園を残して民間に払い下げられてしまい、農地転用されてしまった。後世、乱開発に繋がった地があるのは言うまでもない。まこと、皮肉なものである。

B_u2skrugaacshq
今日はスカイツリーも鎮魂の意を込めた白色のライトアップである。見下ろす下町の情景は、綺麗な碁盤の目の街区にコンクリの雑居ビルが建ち並んでいる。何故、ここは道路が一直線に伸び、あちらは曲がりくねっているのか。東京の街並みを見れば戦災の影響が見て取れる。
B_u4hvkusaa56y

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

2015年3月のうる星情報は凄いゾ

3月のビッグニュースは、古川登志夫さんと平野文さんのフミフルコンビ(すなわち諸星あたるとラムちゃん)が、「古川登志夫・平野文のオールナイトニッポン・モバイル」のDJとして活動開始。
今年に入ってからコンビ名どうしようかと言っていた話が遂に形になる時がきたようです。
これは毎回聞くしかない!テンションが上がってくると自然と諸星夫妻DJとなってくるので、実に楽しみ。本日が初収録なので期待を寄せています。

ところで、ラムのキャンデーだっちゃ!はもう買いましたか?うちはミニストップで買ってきました。ありったけ買ってもすぐ補充されてました(笑)
B_usoz_ucaanvsr
まだ未開封で、どのタイミングで口を開けるか悩んでます。
ともあれ、こういうのは流通しているうちが華。しかしながら食べきれないほどの量のキャンデーを持っていてもどうしようかという話なので、悩んでいるのが実情です。

あと、レビューほったらかしになっているのが、ラムちゃんのハンドクリームとか色々。文姉さんに差し入れたら、小さめサイズで旅行に携帯するのも良いかもとのコメント。確かに旅行向けかも知れません。うちが買ったのは、当然うる星連載中の絵柄であるピンクの方。(この、コミックスの表紙が大好きなのだ)

それから「うる星やつら スイング 宇宙人編 全6種セット」が思いっきり値崩れしていてちょっとショック。うちは1600円で買ったのよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »