« ラムちゃんもこもこ靴下 | トップページ | 日俳連のイベントに行ってきました »

2015年11月25日 (水)

コミックマーケット88参加記

大分日記が遅れましたがコミックマーケット88に参加してきました。
初日二日目は夏コミにしては過ごしやすいものでした。三日目はいつも通りと言ったところでしょうか。

私はいつもの場所で例年通りのお仕事ですが、今回は3日間とも列作成は成功したと言えるんじゃないでしょうか。
特に初日は4列なら4列で綺麗にできあがり、列が途中で膨らんだりしていない。
怒濤の勢いで押し寄せる人並みを、よくぞあの人数で並べたものだと驚いています。
今回は仲間に恵まれました。

ここ数回は新人育成に力を注いできましたが、今回はベテラン揃い。
戦法を考えて、自分を育ててくれた先輩方とも合意形成を図って、仲間のベテラン達とも認識を合わせて…という計画と調整が大半。初日二日目の台詞の大半が「いいよ!」「開始!」「次!」という感じでサインを送ってばかりでした。
そーいや、翌週に鉄道模型イベントの運営スタッフが無線に向かって「止めろ!なにやってんだ!」と怒ってたのを見て、怒声は例え自分に向けられていなくても良い気持ちがしないとの思いを新たにし、コミケの時の自分は大丈夫だったかなと振り返ってみたら、例え目の前で仲間が列を止めきれなかった時でもニコニコしながら対応していたのを思い出しました。「苦しいときこそニヤリと笑え」は島本和彦先生作詞の歌ですが、トラブルの時こそ笑って対応できる余裕が欲しいものです。(当然、列が崩れる前に即時復旧したから言える話ですが)
しかし、ベテラン揃いだったからなんとかなったというのも本音。誰か一人でも欠けていれば一般入場には耐えられなかったでしょう。本来、指揮を執る立場の人までもがメガホン片手に列誘導するのは予備戦力の払底を意味しており、参加者が冷静かつ協力的な行動をしたからこそ、無事故で3日間を乗り切れたと言えます。
今回は殆どの局面で指揮に徹したので、自分でアナウンスしたのはごく僅か。一般入場列の移動が止まった瞬間にリサーチして咄嗟に徹夜禁止アナウンスをやったりしたぐらいかな。

あと、今回参加者層が変わったなーと思ったのが、列の前方でも気を抜くと容易に列が崩壊するところ。
ここで列が止まって、こうやって列を分けてというのは、従来は並んでいる方も「空気を読んだ対応」をしていました。今回は中高生と覚しき少年が柵を乗り越えはじめたので、即座に制止して、懇切丁寧に列整理を仕切り直し、という場面があったので次回は要注意だなと自戒しています。

サークル参加は二日目で、開場直後は鈴里厘花さん・mageさんに売り子をお願いしました。
開場直後にうちがいないのは毎回の恒例行事と化してきましたが仕方ないことです。今度の冬コミも恐らくそうなるでしょう。その時スペースには誰がいるんでしょうか。ホント、売り子どうしよう。
売り子をした思い出は、若い女性が相変わらず多く、相対的に従来主力読者であった男性層が徐々に減ってきたなと言う感覚です。
あと、今までの常連さんが実は○○さんだった、というのが複数判明して驚きました。
なーんだ、早く言ってくれれば良かったのに!

売り子をお願いすると、色々ゆっくりお話しできるとか、お隣ともゆっくり話せるというのが理想なのですが、なかなか難しいものです。うちは売り子をするときは応対にも全力投球するタイプなのでしょっちゅう会話は中断するし、交代番で売り子をしてお話しできない等、のんびり会話にほど遠いこともしばしば。今回も実はそうでした。
次こそは!と思っても空手形になるので、最近はもうこだわってません(笑)

|

« ラムちゃんもこもこ靴下 | トップページ | 日俳連のイベントに行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/62103677

この記事へのトラックバック一覧です: コミックマーケット88参加記:

« ラムちゃんもこもこ靴下 | トップページ | 日俳連のイベントに行ってきました »