« うる星やつらカップ麺&段ボール箱を頂きました | トップページ | ラムちゃんと鬼ごっこをしに新潟へ »

2016年2月 7日 (日)

大魔神怒るを銀幕で

2/5に京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで大魔神怒るを見てきました。
今回も手に汗握る大興奮。銀幕で見ると発見が必ずあります。

大魔神を祀る神社の鳥居に「八雲大神」と書いてあったのは初めて気付きました。(最後の1字は判読不能だったがおそらく「神」でしょう。守護神だから1作目みたいに「大魔神アラカツマ」とは呼ばれていないのですね。

また、鎧の配色でも新たな発見が。
実物大撮影用の4.5m大魔神像は、ベルトのバックル部分にあしらってある顔の口の中が赤い(朱色)なんですが、着ぐるみでは鎧と同色になってます。今まで、着ぐるみの色しか気にしていなかったから、これも新たな発見でした。

大魔神の侵攻を阻むべく、御子柴軍が進路に火薬を積んで爆発させるシーンがあるんですが、爆発後に現れた大魔神は土埃で茶色になっているところも今回初めての気づき。当然と言えば当然なんですが、いやはや芸が細かい。こうやって映像に説得力が積み重なっていくんですね。

いやはや、銀幕で見るのは素晴らしい。
帰途につく道すがら、前方の老婦人が「手に汗握ったわ」と言っていたのだから、手に汗握るのはうちだけじゃないのでしょう。

|

« うる星やつらカップ麺&段ボール箱を頂きました | トップページ | ラムちゃんと鬼ごっこをしに新潟へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/63169869

この記事へのトラックバック一覧です: 大魔神怒るを銀幕で:

« うる星やつらカップ麺&段ボール箱を頂きました | トップページ | ラムちゃんと鬼ごっこをしに新潟へ »