« 2016年2月のうる星やつらグッズ | トップページ | 大魔神50周年記念イベント »

2016年3月19日 (土)

ラムちゃんの鬼シビ辛みそラーメン

Webでも結構「食べました」という報告が話題になっていた、ラムちゃんの「鬼シビ辛みそラーメン」
20160224

我が家も発売早々に見つけることができ、ちゃんと食べました。
蓋を開けて食べたら容器の保存が出来ないから、底をカッターでくりぬいて中身を取り出して食べたのです。

底から開けると、粉末スープの殆どが底面に固まっていることが分かります。我が家ではこれを鍋で煮て食べたのですが、普通に蓋を開けて食べると底の味噌に気づかず、「味がしないっちゃ!」となる人が多いのではないでしょうか。
辛味調味料は香辛料オイルと粉末香辛料がありますが、これらを入れないと普通の味噌ラーメンになります。
香辛料オイルは封を切っただけで「これは危険」と感じる香り。キャンプ場でラムちゃんが地球の調味料で料理を作ったときに、皆、匂いで危険性を察知していましたが、それと同じです。山椒の痺れる成分がふんだんに溶け込んだラー油といったところ。粉末香辛料は唐辛子パウダーのようで、これは大丈夫そう。
結局、香辛料を少しだけ一箇所に固めてまぶし、全部投入したのと同程度に濃い所と、薄いところを分けて辛さを確認してみました。全部投入で一杯食べるのは大変そうだと唇が腫れたあたるの顔を想起しつつ、全体を混ぜて辛味を中和して食べました。

うーむ、あれは余程人を選ぶのではないか、と思っていると、後日買い物に出かけた大手チェーンのスーパーにたっぷり並んでいるではないですか。こんなに好位置に並んでいるとは、売れているのか!と驚いているとヨメの手が伸び、買い物カゴに放り込んでいくではないですか。辛いの好きだからとはヨメの弁。

ラムちゃんが地球の調味料でラーメン作るとこーなるぞ、というテーマなのではないかと担当者を絶賛したくなる味のラーメンを、まさか好んで食べる人が身近にいるとは思いもしませんでした。

|

« 2016年2月のうる星やつらグッズ | トップページ | 大魔神50周年記念イベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/63350992

この記事へのトラックバック一覧です: ラムちゃんの鬼シビ辛みそラーメン:

« 2016年2月のうる星やつらグッズ | トップページ | 大魔神50周年記念イベント »