« 素晴らしきかな四国まんなか千年ものがたり号 | トップページ | 高田明美個展を見に行きました »

2018年5月 3日 (木)

コミケ89を終えて

コミケ89、楽しんできました。
今更?という時期ですが、所謂「もう時効だろう」という理由で今になって公開します。
なにせ2015年12月のことです。

3日間、自分がお仕事した場所は前回と同じ東西間通路の「ブリッジ」。
今回はここしばらくでも滅多にない楽しいことがありました。

1日目はサークル参加ですが、一般入場中だけお仕事をしてきました。
コミケは初めてという新人クンを引き連れて北コンコースとブリッジの付け根で列の仕分け。
最初だけお手本を示しますが、彼は非常に優秀だったのですぐに任せてしまいました。
そして仕分けてみたら、まぁなんと列の少ないこと。驚きです。みんな企業行っちゃっているのねー。うちらが仕分けた列はあっという間に館内に飲み込まれて消えていきました。

3日目は非常に大変。
新ジャンルが流行するときの世代交代に伴いマナーが一時的に低下するのはいつものことなんですが、今回は辛かった。
一般列の仕分けを行うときも、入場を開始した一般列をエスカレーターに乗せるときも、まるで校庭の蛇口を全開にひねったときのように、人がほとばしるように出てくる出てくる。エスカレーター別に列を作らなければ到底整理ができません。
人の海と化したブリッジの中にメガホンを掲げてバンザイのポーズで突入して列が分かれるか様子を見に行くも、ある一定の所まで行ったら完全に列が分かれなくなって埋没してしまいました。「オレに分けられない列がない!」との気概を持っていただけに大ショック。
「うっ!これ以上前に進めない」とメガホン片手に口にすれば、今までなら列が分かれたんですが今回ばかりはどうにもならない。
うん、これはマズイ。非常にマズイ。圧力が高くて個人個人の努力ではどうにもならないレベルになっている。列全体も殺気立っている気がする。和ませなくては。
なんとか、一箇所に立ち止まることはできそうでしたが、かなり人をかき分けなきゃならない。状況がかなり悪いので一旦撤退して作戦変更の指揮を執らなきゃいけない。
そこで、流されることにしました。
上半身だけ勢いを付けてジャンプをする素振りをして「体が抜けないっ!」と言って周囲に苦笑いの表情を作らせた後、「押さないでくださーい、あぁ~流されるぅぅ~」
これは受けた。頑張れー!負けるなーの声が飛び交い始めればしめたもの。顔は列の上に飛び出ているので周囲の注目は抜群。この場所で本来伝えるべきアナウンスを繰り返す。受け狙いってのは嫌いなんですが、注目を集めるには効果的。肝心なのは注目を浴びた後本当に伝えたい事を分かりやすく伝えられるかどうか、なのです。
そのままブリッジの端まで周囲と同じ速度で後ろ向きに歩行…すなわち「流されて」いき、横幅制限のあるブリッジを通り抜けた所で横にばらけて圧力が下がるポイントまで移動。
圧力を体感しながらポイントを見極め、孤立している周囲の仲間を再編成して列を整え直します。
なんとか、エスカレーターに乗せる所では綺麗に列になるようになりました。
この時の反省から、この回以降は「いかにブリッジに進入させる時点で綺麗な列になっているかを課題として、改善していくようになります。

今となっては、人で埋め尽くされたブリッジも思い出の回。
この時が冬コミで良かった、と後々になって思うのです。

|

« 素晴らしきかな四国まんなか千年ものがたり号 | トップページ | 高田明美個展を見に行きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141021/62984484

この記事へのトラックバック一覧です: コミケ89を終えて:

« 素晴らしきかな四国まんなか千年ものがたり号 | トップページ | 高田明美個展を見に行きました »