カテゴリー「うる星やつら」の記事

2017年6月 5日 (月)

ビューティフルドリーマーアンコール上映

なんと、今年1月のビューティフルドリーマー上映会が好評だったらしく、「アンコール特集」と題して2017年7月9日および7月14日に東京・京橋の国立美術館フィルムセンターにて上映会が行われます。なんと素晴らしい!

前回行けなかった人は是非行きましょう!

前回視聴時には気づかなかったのですが、なんと、劇中でゴジラを見ているときにラムちゃんがポップコーンをねだって「あーん」という超絶可愛い台詞のシーン、あの台詞はアドリブでした。
「うる星やつら記録全集-演出資料編-」に掲載された脚本(写真)を見ると、台詞の記載が一切無いことが分かります。アドリブと知ったときには感動しました。
20170605
このシーンの台詞は是非、銀幕で確認してください。

今年もうる星やつらのグッズは引き続き市場に投入されているし、ありがたい話です。
オトナ女子美日和の「UVジェル」とか、Tシャツとか、予約中のねんどろいどとか。画像貼れないのでAmazonのリンク貼っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

高橋留美子先生コミックス2億冊記念

高橋留美子先生コミックス2億冊記念号の少年サンデー、うちも買いました。
表紙に大きめに連載当時の絵でラムちゃん!これは素晴らしいですね。
20170326sun
それから、少年サンデーSも買いました。
いやー、これは良かった。何が良いって、歴代の担当編集が選んだ1ページのコーナー。なるほどと頷いたり、当時の様子がかいま見られたり、留美子先生の矜恃が伝わってきたり、本当に素晴らしい。るーみっくトランプの購入権利も当誌を買えば手に入ります。必携の一冊でしょう。
20170326suns
神保町駅A8出口の記念コーナーも行ってきました。高橋留美子展の時の特製OVAまで流れています。
すなわち、あたる(古川登志夫さん)、ラム(平野文さん)の声が小学館の地下で延々と流れているわけ。
20170326tenji
更に、注目すべきは歴代の単行本がずらりと並んでいるところ。え、自分の家にも並んでるって?
でも、我が家にはこの「オビの付いたうる星やつら」は無いんですよ。帯付き、隠れている表紙側の記載が気になります。
20170326urusei

少年サンデーS(5月号)は最寄駅周辺で売っておらず、2駅回ってやっと購入しました。
サンデーS難民の人はネット通販も考えた方がよいのかも知れません(できるだけ地元の本屋を応援したいところですが)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

ラムちゃんが表紙の少年サンデー

高橋留美子先生のコミックスが2億部を突破した記念として少年サンデーが特集を組んでいます。
発売日に買ってきました。
折り込みページが「これはもしやポスターいり?」と思わせながらサンデー連載作家からの折り込みお祝いイラストだったりする肩すかしはありましたが、(うる星連載時の絵の再掲載とかしてほしかった!)我々留美子ファンとしては先生の偉業に惜しみない拍手を送りたいところです。
それにしても、他の先生からのイラスト寄稿は、うる星好きで育った先生が一目で分かる出来でしたね。素晴らしいことです。
25日発売予定のサンデーSも表紙がラムちゃんなので見逃せません。全員買えるというトランプも買わなきゃ!
20170322


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

ねんどろいどラムちゃん登場

フィギアのイベント「ワンダーフェスティバル」に一般参加してきました。
ねんどろいどラムちゃんの現物が展示してありましたので撮影してきました。
今まで、数多くの他作品がねんどろいどになり、可愛くアレンジされているのを横目で見ては、うる星やつらは何故ねんどろいどにならないのだろうと、ずーっと思ってきたんですが、遂にねんどろいどになるようです。
20170219a20170219b
20170219c20170219d

今のままでは鼻がないように見えてしまうし、もうちょっと可愛くしても良いと思います。
素体は汎用のねんどろいどなのかなぁ。トラジマビキニは着ているけど、体型が(特に胸の位置が)普通のキャラと同じ気がします。ラムちゃんの胸の位置は高いのだ。
期待しているだけに、評価眼も厳しくなってしまいがちだけど、出たら買う。気に入らなければリペイントする気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

ビューティフル・ドリーマー上映会

東京・京橋のフィルムセンターでビューティフル・ドリーマーの上映会がありました。
C1zunouukaapkqb

銀幕で見るのは2009年以来
会場に着くと、今までの他作品の上映では見たことのない行列ができています。20分前に着きましたが映写ホールに入る頃には既に全体の8割以上の席が埋まっており、一緒に行った4人の連席は前列に辛うじて見いだす程度でした。最終的には定員に達したのではないかなぁ。

さて、大画面で見るとやはり違う!と前回同様に細部に及ぶスタッフの遊び心やメッセージ性に目が向く訳ですが、今回は「冒頭のカモメが鳴くシーンで風の音がしているところ」から始まり、音響監督の斯波重治さんの素晴らしい仕事ぶりにも意識が向きました。
今まで「うる星の声優さんは豪華だなぁ」というひとくくりの感想を抱きがちだったんですが、今回は一人一人の演技が際立って見えるのです。
あたるの台詞途中での豹変振り(真面目な声から一気に叫ぶとか)や水中の会話の臨場感に古川登志夫さんのプロの技を見、ラムちゃんのTVシリーズとはまた違った可愛い声に「こんな可愛い声が地球人の筈がない!」とゆー感想を抱くほどの感動を覚えました。平野文さんはこの時音響監督からどういう指定を受けていたのか気になるところです。
だって、自立した女性たる原作とも、過激な初期ラムちゃんとも、女子大生のように成長して落ち着いた完結編とも、円熟の中期うる星のラムちゃんとも違った、映画版ならではの天真爛漫な様が本当に可愛くて、地球人にこんな可愛い声を出せる人がいるのかと改めて驚嘆する程だったんですから。
(ぴえろ時代のTVシリーズは天真爛漫と天然を足して二で割った感じなので今作の雰囲気とは異なると思うのです)
水族館のシーンの受け答えのけだるい声とか絶品!あんなとろけるような声は地球人の物とは思えません(笑)

背景も、亀甲模様に似た街の路地や友引町遠景を描くときの灰とオレンジで構成される街並みの雰囲気。美術はかの小林七郎氏の名がテロップにあり、この画面構成のセンスも氏の技なのかな、どうなのかな?と思いながら見ておりました。

風鈴のシーン以降は何故かドキドキしっぱなし。ハリヤーではラムちゃんのうなじに視線釘付け(スカートの中の白いヒラヒラがまた躍動感があって良い!)と、色々楽しんでみておりました。
振り返ってみればあっという間の上映時間。大画面で情報量が多い分、画面を追いかけているうちに終幕。一番館で上映されていたときと同じ「ビューティフル・ドリーマービデオ発売中」の広告画面のおまけ付きで客席はどよめき、拍手喝采のうちに幕を閉じたのでした。

次回の上映は1/22です。まだの人は是非。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

妖怪ウォッチぷにぷにのCM見ましたか?

スマートフォンのゲーム「妖怪ウォッチぷにぷに」は今月に入ってから少年サンデーコラボとして、ラムちゃんがゲームに登場していました。
二週間遊び倒して、よーやくラムちゃん3種(ラムちゃん、ラムちゃんS、ピンクラムちゃん)を揃えました。
ピンクラムちゃんは少年サンデー先週号の袋とじの中のコードをWebサイトに入力すると入手できるもの。サンデーの表紙をラムちゃんが飾っているのはゲームの絵柄でも嬉しいなと思いつつ、即サンデー購入しました。
20161113
ちゃんと声・平野文 というのが嬉しいじゃないですか。
このピンクラムちゃんが本放送当時の声に近く、ゲームを遊んでいると希に出てくるラムちゃんの声は、大人のラムちゃんの感じです。若干声を低めにして包み込むような感じの声。様々なパターンを収録したのを選んで使ってもらっているということなので、制作側が「今時はこれ!」と選んだのでしょう。CMも同じトーンの声でしたね。
このCM、一体いつ放送しているのか、と首をかしげていましたがTVアニメ妖怪ウォッチの放送時、Aパートの後のCMと放送終了後のCMの時間帯に流れました。ラムちゃんがゲームを紹介するというもの。
元の宣伝文を平野文さん自らラムちゃん言葉に修正しているだけあって違和感がありません。(ここ重要。素人が作文しておかしくなったものを時折見かけます。)
他のソーシャルゲームは最近の「可愛い声」とされる、息を吸いながら話すかの如きしゃべり方の物が多く、何を言っているのか分からない物が散見されます。うちにとっては裏声で無理に出しているのが透けて見える画一的でつまらない声です。
それに比べて、ラムちゃん声の位置づけながら視聴者に伝わるように努めた声色であると感じました。
本放送の時の声色に合わせると、内容が伝わってこなくなります(これは実際、本放送の時の声色に合わせたラムちゃん声で説明するという実験の結果、全然頭に入ってこないという体験をしたので実感がある)
2016年のTVCMでラムちゃんとは、なんとも嬉しいじゃないですか!
いよいよゲームのコラボキャンペーンは明日終了。
親指を壊すんじゃないかと思いつつも、コラボステージ攻略に向けて頑張っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月30日 (金)

ホールズのうる星やつらコラボ企画

なんと、スーッとする「ホールズ」がうる星やつらのコラボレーション企画を始めました。これにはビックリ。
金のラムちゃんがあたるとは到底思えませんが、原作絵のチョイスはなかなか良いところをピックアップしているじゃないですか。
最近は、うる星ファンの企画者が増えてきて嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

カド×アニ レジェンド声優プロジェクト

新宿・角座の「カド×アニ レジェンド声優プロジェクト」に行ってきました。
当初は夜の部を見るつもりでしたが、やはり両方見たいと朝の新幹線を取って会場へ。

平野文さん(ラムちゃん)、緒方賢一さん(あたるの父)、太田貴子さん(クリィミーマミ)、布川ゆうじ社長(現・ぴえろ最高顧問)という、スタジオぴえろメンバーという、うちらには嬉しい豪華メンバーなんですが、果たしてうる星の話題がどこまででるのかな?と気をもんでました。が、蓋を開けてみたら想像を遙かに超える内容で、いやはや、凄かった。

昼の部は呼吸困難で涙が出るほどの大爆笑。
天真爛漫な魔法少女がそのまま大人になって周囲を振り回すコントさながらのボケで話が一向に進まないんだけど、これは1年分笑った気分。
此程天然のボケ連発だと収拾が付かなくなるんだけど、MCがお笑い芸人のアメリカザリガニなだけあって、ちゃんとギャグとして成立させてしまう。天然と才能のぶつかり合いです(笑)
それにしても、太田貴子さんは笑い声がマミ!うる星大好きとの発言とその後のやり取りには、このままファン目線で「あの時はどーだったんですか」とやってくれれば、もうそれで十分なのでは!?と思っておりました。
声優さんがファン目線で先輩声優と話すというのは、それだけで観客としては嬉しいんですよね。ファン目線だと、ファンが聞きたいポイントがちらほらと混じるわけですし。リップサービスか本気なのかは声を聞けば分かります(本気でした)
武道館でコンサートの話も良かったなぁ。客席から投げ込まれるテープを避けながら歌うとか、ステージ上に溜まったテープを脇に避けてから歌い始めるとか、これは当事者じゃないと語れない話。こういうのが聞きたいのですよ我々は!
とはいえ、昼の部は始終笑い通しで話の腰は片っ端から折れまくったんですが、個人的には即興ライブ感があってひたすら面白かった。ネタの仕込みが一切無いので、計算された感じがない。にも関わらず抱腹絶倒なのですね。うる星の話は限定的でしたが、それ以上に面白かったので、これはこれで来て良かったと感じました。

夜の部は、笑いを若干抑えてトーク主体のショーに。アニメうる星やつら企画決定(8/22)からもうすぐ35年、ラム役オーディションの決定理由が初めて明かされ平野文さんビックリというのは歴史的光景。布川さんの見解は音響監督斯波重治さんがTVで語った理由とも違っており、「だっちゃを綺麗に言う」という所。方言だからどうしても汚く発音される事が多い中で綺麗だったというのですね。そして映像面ではトラジマビキニの刺激が強く色っぽい声では問題があったというプロデューサーらしい判断に、なるほどと客席で唸りました。
うる星もマミも、エポックメーキングたる作品であることを伺わせるエピソードがちらほらと出てくるのも嬉しいですね。マミも今のアニメでは考えられない高視聴率(27%)で、おそ松さんが3%(深夜では驚異的な数字だとか)というのは時代の変転を感じさせます。バブル時にCM料が高くなるように1時間枠、1時間半枠でTV曲が番組編成を初めてアニメが駆逐され、今のアニメ=深夜となっているとのことですが、ゴールデンタイムのアニメで育った我々としては、深夜向けに内容を偏らせざるを得ない今の状況が寂しくもあります。
良質なアニメは良質な声で完成するというのも事実。では、その声の良さの秘訣は…というと、文姉は声は全てを看破するという話をしてくれたわけですが、太田さんは「本に書いてあったんですか?」と言い出して全員ずっこけ(笑)本に書いてあったんじゃなくて、私が本に書きましたと返すかなと思ってましたがそこまではいかなかった(笑)
さて、マイクに向かって実際に声をあてるというのもあるんですが、あたるの父とラムちゃんが会話を始めるというのは特に夜の部で、本放送当時そのままの声で会話が始まり、深く感動しました。特に文姉さんの声はチューニングされた声で、本放送ドンピシャ。これだ、これを聞きたかったのだー!
声に力を感じるのは緒方さんが抜群。玄馬パンダの声から、社長役の威厳を含んだ声まで、どれも聞いていて嬉しい良い声です。ベテランかくあるべしといった声色でした。

終わりにはレジェンド声優プロジェクトの今後の活動も紹介され、8月も9月も、その先も色々楽しみが続きそう。
今後の動きから目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

来月のうる星やつら声優陣によるイベント情報

7月31日、新宿でカド✕アニ「レジェンド声優プロジェクト〜うるさい人たち全員集合!〜」という企画(おそらくトークショー)が開かれます。
出演・平野文、緒方賢一という諸星家の組み合わせ。素晴らしいなー。
前回のうる星トークショー(2年前の、ラム・あたる・温泉マークのトークショーね)の抽選はハズレだっただけに、うる星声優陣のイベントは見たくて仕方なかったのです。去年のレジェンドナイト公開録音も素晴らしかったしなぁ。

うーん楽しみ!発表してすぐ旅行の新幹線キャンセルしてチケット購入してきました!
ダラスの人たちが羨ましくて仕方なかったけど、やっぱり日本人で良かった!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

早速グラニフでうる星Tシャツ購入

昨日はグラニフでうる星やつらTシャツの発売日。
早速買いに行ってきました。

まだお客さんの少ない時間帯だったのでじっくり吟味し、「着る」という前提で買う物をチョイス。
あるだけ買うという買い方は最近しなくなったので、厳選して購入。
複数購入で割引があるのは良いですね。

それにしても、Tシャツは背中側のデザインにも注目です。実際にお店で確認してくださいね!
幸せの黄色リボンのTシャツは、背中側が扉絵なのよねー。すごい。
この組み合わせを選んでくるとは、分かってるな!と誉めたい。企画者偉い!

201606141
レジにも宣伝ポスターが貼られています。

201606142
店先もラムちゃんの新作でディスプレイ。

201606143
入口近くにコーナーが出来ていました。

店内には若いスーツ姿のサラリーマン。お店の許可を取っていたとはいえ、近くで写真撮っていて邪魔だったかな?と思ったら、帰りがけにサラリーマンもうる星Tシャツを買っていたのでした。

まずはお店へ!お店が遠い方は通販で!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧