カテゴリー「ニュース」の記事

2007年11月30日 (金)

結婚していたことが分かった

芸能ニュース扱うなんて我がサイト始まって初。


「結婚していたことが分かった博多大吉(右)と華丸」(スポニチ)
写真のキャプションがこれ。

…なんか男同士で結婚しちゃったかのようなキャプションに朝から一人で笑ってしまった。

記事の元はこちら

元記事削除されたらこの記事も削除だなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

niftyフォーラムの終焉

niftyのフォーラムサービスがついに終了だという。
思えばパソコン通信をやっていた頃からniftyは憧れで、何故かと言えばフォーラムの存在だった。
Niftyserveには確かfdaimajinという大魔神フォーラムが存在したのである。
Niftyユーザーの友人にログを見せてもらったが、なかなかに濃い議論がなされていて羨ましかった。
時代がインターネットになってからもNiftyは流石大手プロバイダなだけあって、新社会人の財布には負担が大きすぎて入れなかったのである。
だが、遂に大手プロバイダに加入する日がやってきた。自宅の光回線化である。
少々迷ったが、憧れのNiftyにすることにした。フォーラムを見るためである。
ところが、回線をつなげて真っ先に見に行ったフォーラムのページに大魔神の文字はなかった。
それどころか後継であるfgamera…ガメラフォーラムですら存在しない。
愕然とした。Niftyを選んだ理由が無くなってしまったからである。

パソコン通信の頃、低速なモデムが読み込んでくる文字はダウンしながら読めた。
青春の只中にあった自分にとって、パソコン通信は未知の出会いを意味していた。
パソコン通信始まったフォーラムサービスの終了は一つの時代の幕切れを象徴しているような気がしてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

ソフマップが子会社に

我が家ではおいらよりヨメの方が情報が早い。
家に帰ってのんびりと鍋をつつき、ほっと一息ついたところでヨメの口から発せられるソフマップがビックカメラの子会社にというニュースに驚かされる。
あのソフマップが大手家電量販店の子会社になるとは、遂にそういう時代になったかと感慨深い。
が、ヨドバシでなくてビックで良かった。このままソフマップでもSuicaが使えるようになってくれれば文句なしである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

特急いなほ脱線転覆

TVのテロップでいなほ脱線転覆の報道で驚いた。
この時期の脱線というと、踏切部分の圧雪に乗り上げて脱線が大半なのであるが、共同通信の報道によると鉄橋上だと報じられている。
報道の初期段階で結論を急ぐのは控えたいが、仮に鉄橋上の転覆だとすると営団地下鉄東西線の転覆を思い出す。
鉄橋上の事故で最も有名なのは山陰本線餘部鉄橋からの回送列車転落事故だろう。高架下のカニ工場の従業員が空から降ってきた客車に潰されて亡くなっている。
どちらも、原因は突風である。
餘部の事故原因は風速規制の不備だったが、従来は隣接駅にベテランの駅員がいて当地の気象を熟知しており、長年の経験で列車を止めていた。合理化により無人駅となりノウハウが途切れたのである。

最上川にかかる鉄橋の南500mとの報道もある。救助、復旧の観点からこちらが正しいと信じたい。
少なくとも現場が北余目~砂腰間なのは間違いないだろう。
日本海縦貫線が塞がると対北海道の物流は大打撃である。波及の大きな羽越本線、犠牲者が少なく済むことと早期復旧を祈念したい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月18日 (日)

機材トラブル相次ぐ

リンク: @nifty:NEWS@nifty:秋田上空でジェイエア便に異常、名古屋空港に引き返す(読売新聞) .
日本の航空業界はここ連日でトラブルが起きている気がする。昨日は全日空(落雷)日航、そして今日のジェイエア。

ボンバルディアの機材はトラブル多いというイメージがぬぐえん。ボンバルディアは今年はいってから何件トラブル出してるんだ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

校長わけ分からん

リンク: @nifty:NEWS@nifty:生徒指導「ヒトラーのように」=高校長が発言、教組撤回求める-新潟(時事通信) .
要するに「ヒトラーのように繰り返し繰り返し指導しろ」と言った校長が「ユダヤ人迫害を認める内容だ」と糾弾されたという話なのだが、記事があまりにもはしょりすぎているせいか双方の主張ともわけ分からない。
だいたい、何故に「繰り返し指導」することにヒトラーという単語が絡んでくるのか。
日本人にはヒトラー=悪い見本という暗黙の了解があるように思うんだが、それを無視したとしても繰り返しの文脈でヒトラーを持ってくるのはマイナスのイメージが強すぎる。それが分からないようなら馬鹿である。

同様に情けないのが、ヒトラーという単語だけで「ユダヤ人迫害!」と反応した教職員組合であろう。
量産効果による大衆車の価格低下、大規模な土木工事の推進による国内産業の復興と交通機関の整備の具体的事例としてヒトラーという単語を口にしても、ユダヤ人迫害を肯定!と糾弾されそうである。
本当に怖いのは、このような紋切り型の文句で発言を封殺することである。
同じ事をナチスはやっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)