« 30分残業、帰宅遅延1時間 | トップページ | 本棚崩壊 »

2005年10月 3日 (月)

秘芸水戸黄門続編

竹下パフォーマンス秘芸水戸黄門 (これでぐぐってください)
8mmフィルムの傑作。TVの水戸黄門30分間を全部一人で黄門様から町娘まで演じきるという爆笑フィルムである。しかも演じる男は常にスーツ姿。
だが、口調と挙動で見事に役を演じ分ける。

これは以前から知っていたのだが、その続編をついに入手した。
ゴジラVS水戸黄門 である。

前作を初めて見たときのインパクトは無いが、特撮合成ではなく、カメラのパンを上手く使って何人にも分身してみせる。怪獣映画のカメラアングルを作品別に使い分ける。相変わらずBGMも口で歌う。
噂に聞きし、「ゴジラの火炎放射で飴のように曲がる高圧鉄塔」には爆笑。形態模写で構造物を演じる人を初めて見た。
著作権の関係でネットで公開できないのがかえすがえすも残念である。

|

« 30分残業、帰宅遅延1時間 | トップページ | 本棚崩壊 »

コメント

拙作ご覧いただき恐縮です。
ネット公開はご自由になさっていただいて結構です。
つい先日も、当方の作品の8mmフィルムコレクションを管理運営いただいている伊丹映像研究会にネット公開をお願いしたのですが、技術的な問題が解決すればということで保留になっております。
音楽著作権につきましては、かつて読売テレビで放映されましたとき、口三味線は音程・音符の狂いもあり、正式な音楽として申請はしなかったということを伺っております。
楽譜を入手して正確に音符をなぞったわけではないので、口三味線に関しては白黒はっきりしない、というのが実際のところです。
仮にクレームがついたとしても、誰に対してどの曲で著作権処理をすればよいかがはっきりしますので、これをきっかけに手続きを踏むことも考えております。
いずれにしても本作をネット公開等した場合の著作権上の全責任は当方が負いますのでご安心下さい。
著作権上のクレームがある場合は当方のメールアドレスに直接送信戴けるようリンクをお張り戴いて結構です。
ではまた。

追伸
貴HPには鉄道関係の記事が多く頼もしく感じました。
息子の鉄道オタクに付き合わされる形で、当方もムーンライト何某やら青春18きっぷの利用率は非常に高いです。

投稿: 竹下心也 | 2005年11月10日 (木) 18時11分

なんと、ご本人ですか!
秘芸水戸黄門は学生時代に初めて拝見し、スーツで水戸黄門というギャップと高い再現性に抱腹絶倒したものです。
自主製作映画の金字塔の公開許可をご本人から直接いただけるとは、ただただ驚くばかりです。
早速公開させていただきます!

投稿: GLUMip | 2005年11月10日 (木) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘芸水戸黄門続編:

« 30分残業、帰宅遅延1時間 | トップページ | 本棚崩壊 »