« うる星と俺年表 | トップページ | 第9話 謎のお色気美女サクラ »

2007年6月17日 (日)

第8話 たくましく生きるんやっ!

第8話 たくましく生きるんやっ!
駄目幼児金太郎の2回目。

この回で面白かったのは、2カ所。
1つ目は地球の保母さんが金太郎を尋問し、アリバイが無いので熊にまたがりお馬の稽古をしているに違いないと結論づける尋問のくだり。
もう一つはあたるが地球の金太郎について地球の幼稚園児に説明するところ。
最後は源氏の家来になって終わりと説明して、「努力してもトップにはなれなかったんですか」「サラリーマンの悲哀を感じる」と幼稚園児が嘆く。

原作そのまんまなんですが、ここはアニメにしても面白かった。

アニメの金太郎は地球の子供に人生の手本を教えるために旅に出て、最後に道行く人にマサカリをふるって強盗を行うという結末を迎える。「人生は金だということか」「なんとむなしいのだろう」と嘆く幼稚園児。
教育的配慮の台詞を幼稚園児に吐かせて終わり。

このシーン、ラムちゃんの膝枕が出てきます。あたるが耳掃除してもらいながらTVを見ていると金太郎の強盗が映るのね。
平成の世では耳掃除がビジネスになっているとゆー嘆かわしい時代だけど、膝枕耳掃除は本来深い仲の証左に他ならないのよ。それを照れずにさも当然のように耳掃除。
普通なら「ダーリンおいで」「なんじゃ恥ずかしい」とかいうやりとりを経ているだろう?それなのに、あたるよぉ!
ああ羨ましい、じゃなかった。アニメのあたるはラムちゃんとの生活への順応力高すぎです。

|

« うる星と俺年表 | トップページ | 第9話 謎のお色気美女サクラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8話 たくましく生きるんやっ!:

« うる星と俺年表 | トップページ | 第9話 謎のお色気美女サクラ »