« お絵かき掲示板レイヤー数 | トップページ | 8ページ目 »

2007年6月15日 (金)

第6話 くたばれ!イロ男!

第6話 くたばれ!イロ男!

レイさん2話目。
レイさんが頑張って日本語でラムちゃんにプロポーズ。うまく言えたらラムちゃんも一緒に星に帰ってやろうという話に乗せられ、巻物のあんちょこ片手に「俺のために飯を作ってくれないか」と口説きます。
うまく言えたら「何か約束したっけ?」とみんな知らんぷり。
当然生じるのが、プロポーズしたのを良いことに、あたるはラムと分かれてしまえばいいのに、なぜそれをしないのかという疑問。
ここで、アニメでは「ラムに追い回されるのはいやだが、他の男に取られるのはもっと嫌だ」とあたるがメガネに話します。

ええー、それを口にしちゃうの?言わないのが良いんだろー。とか思いましたが、アニメだからね、視聴者が分かるようにしないといけないのよね。私だってもう大人ですよ。それくらいの大人の事情は分かってるつもりですよ。

今回目立つのがジャリテンの悪行。こいつ今のうちに息の根止めていた方が良いんじゃないかというくらい大迷惑な存在。周囲のトラブルを煽って混乱を楽しむって、お前根っからの放火魔だな。

後半ではレイさんが誤ってしのぶに抱きついてプロポーズの文句を口にします。
それを見ていたあたるは怒ってしのぶに手を挙げようとします。
ええっ…女は殴らん主義じゃなかったの?

いや、それが描かれるのは闘魂グローブの話だからまだまだ先。原作とアニメの時差を考えても、まだ描かれていない頃の話だから仕方ない。私だってもう大人ですよ。それくらいの大人の事情は分かってるつもりですよ。

つまりなんだ、大人の事情が分かって、初めて頷けると。
ラムちゃんが空を飛べるのではなく単に跳躍力が高いだけっぽい描写している割には空中に制止しているよね、とかそういうつまらない所に突っ込みたくなるのも、大人の事情で許しましょう。
お・と・な・で・す・か・ら!

というわけで、子供じみた感想は終わり。早く大人の感想文が書けるように面白くなーれっ!

第112話 「ラムとあたる・二人だけの夜」の「うちの体はダーリンのものだっちゃ」の台詞を聞いて口直し。
あーたまらん。では、今日も元気に仕事に行ってきまーす。

|

« お絵かき掲示板レイヤー数 | トップページ | 8ページ目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第6話 くたばれ!イロ男!:

« お絵かき掲示板レイヤー数 | トップページ | 8ページ目 »