« 二周目第4話「つばめさんとペンギンさん」 | トップページ | 二周目第6話「くたばれ!イロ男!」 »

2019年9月29日 (日)

二周目第5話「変身美男レイが来た!」

第5話「変身美男レイが来た!」

あたるの母さんがエ…扇情的な回。
アバズレめいた初期ラムちゃんの過激な発言ばかりがクローズアップされがちな原作の話(初期らしい!)に対し、アニメではラムちゃんに吊られてあたるの母もあたるの父を誘ったりして水曜夜7時半の番組らしからぬ展開です。

この回も作画の質は乱高下して評価のしようがありません。
ラムちゃんの台詞も方言が試行錯誤なのは前回と同様なんですが、今回はアドリブの如き一瞬の台詞が可愛らしい。
台詞を読んでいるというより、自然に出た感じがいい。

平野文さんはオーディションの時に、用意された台詞の後に、「ふふっ」とか「うふっ」といった言葉を自然と付け加えたので、斯波さんがラムちゃんに選んだというのは有名な話ですが、こういう自然な一言のシーンを見れば納得です。

大して美形に描かれぬまま、高層ビル並みに巨大化して自衛隊と戦いだす(またか)レイさんですが、あたるとの戦いでは人間サイズ近くの虎牛になって負けてしまいます。
全編を通じて原作よりオーバーな表現が目立つ割には、原作より盛り上がりに欠けるような印象です。とはいえ、ここは原作が面白すぎるのであって、今回も見ながら笑ってました。比較したがるのはマニアの悪い習性です。

それにしても、諸星家を突き破って巨大虎牛に変身するシーンでは、即座に中継車がやってきたのに違和感を感じます。諸星家の近くにスタンバイしていたと言うことでしょうか。そうであれば優秀です。張っていれば必ず高視聴率のスクープをモノに出来ます。やるなぁ、テレビ局。

ちなみに、今日は「ホカホカごはんにカツオのタタキ」を食べました。どうです、うる星らしいでしょ。

|

« 二周目第4話「つばめさんとペンギンさん」 | トップページ | 二周目第6話「くたばれ!イロ男!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二周目第4話「つばめさんとペンギンさん」 | トップページ | 二周目第6話「くたばれ!イロ男!」 »