« 二周目第7話「秋の空から金太郎!」 | トップページ | 二周目第9話「謎のお色気美女サクラ」 »

2019年10月 4日 (金)

二周目第8話「たくましく生きるんやっ!」

第8話「たくましく生きるんやっ!」

金太郎が地球の保育園を訪ねる話ですが、修学旅行と称しているのに何故か行く。キンタロが不満に思うのも無理ありません。
この話、UFOから怪物型宇宙人がぞろぞろとはい出てキンタロちゃんの後ろを続いていくシーンの背景が酷い。
これ、どこの農村なのかと思うほど、どでかい区画割りの中に母屋と離れ、大きな庭が汚く描かれている。
うる星は通行人を捉まえて描かせた(塗らせた?)とまことしやかに言われる程、制作スケジュールはきつかったとの事ですが、冒頭でかくも破綻していたのか、美術イメージを共有する術はまだ採用されていなかったのかと思われる出来映えです。ここは率直に苦言を呈したい。べた褒めするのがファンの仕事じゃないですからね。

ストーリーは原作をなぞって進み、コマの隅の遊びとして描かれているネタまで丹念に拾います。地球の保母さんの南京玉すだれとか。
おかげで冗長な展開になってしまい、まだるっこしさを感じる局面もあります。コマの隅で遊んでいたり背景で遊んでいるものは、やはり隅で遊んでいるべきなのです。
さて、ラムちゃんが「短絡的な子だっちゃ」と言う通り、短絡的に粗暴な振る舞いをする金太郎。一方地球の園児達はそれを淡々とした姿勢で受け止めており、原作の面白さがうまく引き出されています。冷静で感情の起伏無く描くからこそ面白さが引き出てくる。作画面でも園児達の立ち姿がやたら格好良く、画面上の人物を皆角度を付けて描くなど気合いの入った作画が散見され、何故ここで気合いを入れるのかと不思議に思いつつも、素直に面白いと思えるのでした。

|

« 二周目第7話「秋の空から金太郎!」 | トップページ | 二周目第9話「謎のお色気美女サクラ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二周目第7話「秋の空から金太郎!」 | トップページ | 二周目第9話「謎のお色気美女サクラ」 »