« 二周目第16話「ハチャメチャ恐竜時代」 | トップページ | 二周目第18話「アスレチック女地獄!」 »

2019年10月16日 (水)

二周目第17話「眠れる美女クラマ姫」

第17話「眠れる美女クラマ姫」

クラマ姫登場の回。

前回の第16話で、初めて空を自由に飛ぶラムちゃん(ジャンプではない)が描かれましたが、今回はラムちゃんが墜落して登場。
尻の下で潰されていたカラス天狗は既に酔っぱらっていたのか初めて飲むのか、ともかく瓢箪から酒を飲もうとします。
得体の知れない生き物なのに「薬を飲もうとしている」と言ってあたるが手伝う。ここに諸星あたるの人間性が凝縮されているように思えますね。教師とかの権力や抑圧には反抗するけど、得体が知れなくても弱い生き物に対しては本質的な優しさがある。

こういう良いところをさりげなく描写した後で、クラマ姫のコールドスリープカプセルを見た途端に目が血走り、口からは涎を流すケダモノ描写。ラムちゃんじゃないけど、顔に手を当てて「情けないっちゃ」とつぶやきたくなります。
その現場にやってきたラムちゃん、あたるの醜態を見て怒りますが、同時に「ちぎる」の意味を瞬時に理解。
うちがうる星の原作を初めて見たときは「契る」の意味が分かりませんでしたよ。(同伴喫茶の意味も分からず、親に聞いた苦い想い出が…)

アニマ光線を照射しても「おねえさま素敵!」とあたるの女好きは変わらず。
アニマ光線と言えば「リリックな気持ち」とあたるの台詞が印象深いですが、これも初めて聴いたときは意味が分からなかった。今も意味が分からないので検索しました。ネット時代は便利でありがたいですね。

|

« 二周目第16話「ハチャメチャ恐竜時代」 | トップページ | 二周目第18話「アスレチック女地獄!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二周目第16話「ハチャメチャ恐竜時代」 | トップページ | 二周目第18話「アスレチック女地獄!」 »