« じゃあ、また何処かで。 | トップページ | 二周目第35話「ひな祭り!ランちゃん登場」 »

2019年11月11日 (月)

二周目第34話「魔のランニング」

第34話「魔のランニング」

悪魔ベリアルの回。

残念なことに「ちゃうちゃう」も「ベスパにリアカー!」の台詞も出てこないんですが、今作楽しいです。
冒頭、あたるがランニングに出かけるところからお話はスタート。なんとあたる、6時に目覚ましで起床するとき、首にランニングシューズをぶら下げたまま寝ています。
スパッと起きてサッと出る。ラムちゃんは置いていかれますが、二人ともそんなに気合いを入れなくても早起きくらい出来そうなものですが…そうではないところが高校生なのでしょうね。

あたるのランニングコースは原作通り、女性との遭遇率を最大限に高めたコース。女目当てと知りラムちゃんはアホらしいと帰って二度寝を決め込みます。
一方のあたるはビルから飛び降り自殺をせんとしている女性の下敷きになって助け、一躍ヒーローに。
このあたりのやりとりは原作に忠実でなんとも面白い。

学校で一躍時の人となったヒーローあたるに面堂は憎まれ口。
テニスで決闘するもこてんぱんに負け、あたるは株を上げて夕日を背にVサイン。

すると、悪魔ベリアルが湧いて出て、今日の良き日は全て私の演出、とバラしてしまいます。
うーん、ベリアルよ、ちょっと出てくるの早いんでないの。依頼人に尊敬が集まるように仕向けるのが仕事と言っている割にはタイミングわるいのでは?原作通りなのでこうならないと漫画にならないのですが(笑)

報酬に魂よこせとあたるの口に手を突っ込むベリアル。あたるも負けじとベリアルの口に手を突っ込み、お互いの魂を引きずり出そうと醜い戦いが始まります。この時の二人の表情の変化が楽しい。顔芸かと言うほどです。
Aパート相当の33話は作画が酷かったのに、34話は作画のばらつきあれど、ドタバタの楽しさが現れた絵になってます。
作画監督のテロップは野辺・谷田部、原画は遊佐・谷田部・森中・アニメRです。誰の原画なんでしょう。識者の方情報求む。

|

« じゃあ、また何処かで。 | トップページ | 二周目第35話「ひな祭り!ランちゃん登場」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じゃあ、また何処かで。 | トップページ | 二周目第35話「ひな祭り!ランちゃん登場」 »