« 二周目第40話「桃の花歌合戦」 | トップページ | 二周目第42話「目ざめれば悪夢」 »

2019年11月24日 (日)

二周目第41話「決斗!あたるVSあたる」

第41話「決斗!あたるVSあたる」

出来の良い方が手元に残ったのに…の話。

踏切のシーンから始まるんですが、驚くべき事に踏切の鐘がスピーカーから出る音ではなく、本物の鐘(電鐘)!
しかも踏切の踏板が無くバラストがぽつぽつと描かれ、その後も道路にはあちこちに石くれが。
友引町は未舗装だったのです!な、なんだってー!!!(他社雑誌掲載作品ネタ)

ラムちゃんの作ったトラジマキャンディを胸ポケットに差してあたる登場。
黄色と黒という警戒色なのに構わず口にし、しのぶには拾った物でも食べると散々な言われよう。
まだしのぶと恋仲という位置づけの話なのに、あたるは食い物の前に弱い!原作通りとはいえ、時系列が違っているから情けなさが際立つ!

分離してしまったあたるの声は古川さんの声色の使い分けが楽しい。真面目あたるとアホあたるの対比が分かりやすい。
しかし根底では同一人物だということがそのしょうもない行動の節々に現れます。原作よりも真面目あたるがしょーもない人間になってる…(笑)

分裂後諸星家に帰って騒動を巻き起こすあたる。そこへジャリテンが錯乱坊を連れて帰るも、登場するなり錯乱坊には冷蔵庫が投げつけられる手荒い歓迎ぶり。この後の台詞で錯乱坊が諸星家のトイレも使っていることが明るみに出ます。すごいな錯乱坊。

帰ってきたあたるの父の取り乱し具合も面白い。台詞になっていないようなしゃべり方は、ここ、アドリブなんじゃないですかね。
アドリブといえばうる星なら千葉繁さんの話が有名ですが、緒方賢一さんのアドリブがすごいというのも文姉のトークショーなどで聞く話。
緒方さんの台詞は終盤まで気になる台詞がぽろぽろと入ります。
あたるが自分の星に来ると喜ぶラムちゃんにも注目です。いそいそと、しかし着々と準備を進めていく手際の良さ!

最終的にあたるはラムちゃんに助けを求め(ファンとして嬉しい!)、ラムちゃんの電撃により正常体が二つできてしまうわけですが、その時のあたるの両親の反応がおかしくてたまらない。
原作通りの展開ですが、今回は声の演出が面白さを増しました。

|

« 二周目第40話「桃の花歌合戦」 | トップページ | 二周目第42話「目ざめれば悪夢」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二周目第40話「桃の花歌合戦」 | トップページ | 二周目第42話「目ざめれば悪夢」 »