« 大魔神逆襲公開記念日 | トップページ | 二周目第49話「テンちゃんの恋」 »

2019年12月20日 (金)

昨日の敵は今日の友

先日まで、もの実高志子さんの記事を掲載していました。
その後一度取り下げて、こうしてまた同じ記事を上書きしています。

今回の記事は、先日までの掲出情報を見た人向けの内容になっています。


その後、もの実高志子さんとの対話を通じ、過去の事実を踏まえながら何故そうなったのかをお互い理解しました。
私達には不幸な過去がありました。辛いときがありました。
しかし、そこに至った気持ちを共有することで、自然と私の心には済んだことは水に流すという言葉が浮かんできました。


もの実高志子さんからのコメントです。
「すべては私の独り相撲、誤解という形から始まってしまった過去ではなかったか、と今、感じています。
相手に辛い思いをさせていた事に気づかぬままでいた私は、そのまま年齢を重ねて、それでも相も変わらず、でした。
そんな折、うめぼしさんのとりなしにより、GLUMipさんと会話する機会を設けていただきました。そして様々な過去について、語り合いました。
我慢していた事、どういった事が辛かったか、といった事などが、次第に見えてきました。そして、気が付かせてもらえたと、思います。
思い込みだけで固まっていた感情が、動きました。やはり、どんな形であれ、”対話”が大事なのだと、そう、思えた時間でした。
”対話”によって、凝り固まっていた気持ちが、段々ほぐれていくのを実感しました。そして、私の胸につかえていた大きな誤解が溶けていくのを感じました。
GLUMipさんとの会話によって得られたものは、言葉では表せないほど、大きなものでした。

そして、今回の事態を招きました事を考えた結果、私もの実高志子は、インターネット界隈とはまた別の道を歩むべく、頑張ってまいりたいと思っております。

そしてここに、不快な思いをさせてしまった方々、ご心配いただいた方々へのお詫びと感謝の気持ちをあわせて、書き記したいと思います。
今までごめんなさい、そして、ありがとうございます、と。」


もの実高志子さんは、TwitterやPixiv等を引退されるそうです。
お互い、それぞれの道で頑張りましょう。



2020/1/2追記

その後、もの実高志子さんからTwitterなどの活動を再開させるとのお話しがありました。
「今回騒動を起こしてしまった事は、無関係な方々に、不快な思いをさせてしまったばかりではなく、高橋留美子作品ファンに不安を与えてしまいました。ひいては、作品そのものに傷をつけてしまった、と感じています。
それらを挽回するためにも、私は私に出来る事を考えていきたいと思っています。」
とのことです。

私はもの実高志子さんの姿勢を尊重したいと思います。

|

« 大魔神逆襲公開記念日 | トップページ | 二周目第49話「テンちゃんの恋」 »

コメント

頂戴したコメントについては、記事を更新し解決したため、かねてからのお知らせ通り削除いたしました。
ご心配いただきありがとうございました。

投稿: GLUMip | 2019年12月20日 (金) 21時03分

色々あって今更コメントしますが、引き留めないんですね。清々した感じの文面ですね。呆れますね。

投稿: | 2019年12月29日 (日) 06時54分

ご意見ありがとうございます。

ブログ本文は当事者間で内容を検討した共同文で、私の書いた部分も相互に確認してます。
その為事柄の経緯は割愛し、過去の記述をご覧になった方向けの文章なので酷薄に映るのもやむを得ないことだと思います。
ご不快の念を覚えさせてしまった点はお詫びいたします。

経緯説明が不足し不誠実だとお考えの際は、個別にご説明差し上げますので私TwitterDMかメールまでご連絡くださいませ。

投稿: GLUMip | 2019年12月30日 (月) 04時24分

今回恥ずかしながら、“引退”という形から“復帰”させていただく事に、決心いたしました。
GLUMipさんのブログへの追記という形で、上記の思いを彼にお伝えした次第です。
今後、高橋留美子先生の作品に傷をつけてしまった責を重く捉え、これから私がすべき事を真剣に考えたいと思います。
多くの皆様には、不快、不安な思いをさせてしまい、申し訳なく思っています。

投稿: もの実高志子 | 2020年1月 2日 (木) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大魔神逆襲公開記念日 | トップページ | 二周目第49話「テンちゃんの恋」 »