« 年末年始は大魔神 | トップページ | うる星やつらバレンタインチョコ »

2022年1月 1日 (土)

うる星やつら2022年新作アニメ

年末に「うる星新作アニメやらないかな。NHKとか。声優はそのまま。無理ならせめてラムちゃんとあたるだけは…」という会話を近隣サークルから聞いてその通り!と同意していたんですが、まさかその直後にうる星新アニメ化の報を聞くことになるとは思ってませんでした。 コミケ帰りの大晦日、もう限界と寝ていたら0時過ぎにヨメに叩き起こされ、フライング情報のうる星アニメ化の話を知ってしまい我が家は阿鼻叫喚。 それからのPV公開までの間の長いこと… 本来であれば段階的に情報が公開され、PVでオリジナルのTVアニメシリーズのリスペクトを感じて公開が楽しみだ!となるべきところですが、声優発表の画像だけを切り取ったリーク情報を見てしまったせいで、声が変わってしまう!とものすごい不安感に襲われて寝られなくなりました。 そんなわけで、PVを見るまでは不安でいっぱい、すっかり寝不足の元旦を過ごしたわけです。 うちはオリジナルのTVシリーズには思い出がたっぷりあります。皆さんだってそうでしょう。 誰がなんと言おうと、うちにとって、ラムちゃんからは平野文の声がするのであり、あたる君は古川登志夫の声なのです。 それ故、リスペクトを感じるまでは不安で仕方なかったわけです。これで大好きなアニメうる星が過去の物にされてしまうのではないかと。 でも、現時点の公式情報から判断する限り、声についてはアニメシリーズに対しても敬意と継承を払っているように見えました。 新あたるの神谷浩史さん、新ラムちゃんの上坂すみれさんのコメントも含めてです。 作画はTVシリーズの幅広い作画で慣れましたから振れ幅があっても受容できますし、おそ松さんで可愛い絵を描くと思っていた浅野さんのキャラデザなので期待大。 この新作が大ヒットして、なおかつ古川さん・平野さんのあたるとラムちゃんの声が今後も新しく聞けることを願います。(ここが重要) うちにとって、原作を含めてラムちゃんの絵からどんな声が聞こえてくるかということと、新作を応援することは矛盾せずに両立すること。そこに気づくまでが大変苦しみましたが、気づいてからはこの、うる星を自分のみならず周囲の人までもが現在進行形で楽しめる千載一遇の好機を楽しみたいと思い至りました。 我が家は最近創作意欲が沈滞していましたが、今回の大ニュースで一気に火がつきました。 次のコミケに向けて頑張ります!

|

« 年末年始は大魔神 | トップページ | うる星やつらバレンタインチョコ »

コメント

今晩は。新春明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。情報どうもありがとうございました。それではさようなら。

投稿: 猫かつお | 2022年1月16日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末年始は大魔神 | トップページ | うる星やつらバレンタインチョコ »