カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2020年12月10日 (木)

アニメは科学を生み、科学がアニメを作る

きっかけは日高のり子さんののTweetだった。


トップをねらえ!を見た人が宇宙を志し、地球に帰還する宇宙船を迎える。
僅かな文字の中に万感が籠もっているのを感じずにはいられない。
日本の科学技術はアニメを見た人々が胸に抱いた夢とともに進歩してきた。ロボットなら鉄腕アトムやガンダムを作りたいという人たちが研究者や技術者の中にいた。AIとてしかり。宇宙だってそうだったのだ。
そして科学の進歩が時代を進化させ、新しい作品を形作っていく。

ああ、そうだ。トップをねらえ!を見よう。
BSで録画したのを引っ張り出す。しかしOVA全編ではないので少し物足りない。
奇しくも、ちょうど都内では劇場公開していることをすかさず見つけてくるヨメ、うちの事をフットワークが軽いと評する人もいるが、何のことは無い。ヨメが優秀なだけだ。

そんな訳で、初めて映画館の大スクリーンでトップをねらえ!を見てきた。
劇場用リマスター版、家のテレビでは見えなかったところまでハッキリ分かる。


この作品にはうちの好きな要素がたっぷり詰まっている。
ロボットが組み体操をするといった大真面目にギャグをやっているシーン。
うちはうる星で育っているから、”おねえさま”が鉄下駄を履いて特訓しているのも、未来なのに日本文化が宇宙にまで浸透しているのも好きだし、うっすらと「この原画はこの人では?」と分かるのも嬉しい。原画に丹沢学(アニメうる星の作画で丹沢氏が一番好き)作画監督がもりやまゆうじであったのも嬉しい。画面に書類が映ればアニメーターの名前を探してしまうし、宇宙船の中に電車が走っているところも好きだ。


主人公のタカヤノリコは努力の人だ。努力に目覚め、精神力で様々な葛藤を克服する。
コーチの厳しい指導も相互信頼がしっかりしているから成立する。昭和のスパルタ鬼コーチそのものだ。

学園ではノリコをいびる嫌な先輩が決闘を申し込み、すさまじい形相で攻撃してくる。
宇宙に行った後もユングがおねえさまと決闘したりする。
だが、どちらも、しこたま殴り合って相手の強さを認めたら後腐れ無く味方になる。
そう、「土手で殴り合って倒れて仲良くなる」という理想化された不良少年のしぐさなのである。
すなわち、スポ根漫画の少年がやっていたのを精神もそのまま可愛い女の子に移植したと言っても過言ではない。
ピンチ、挫折、それを乗り越えて(急に)強くなる。SFてんこ盛り、女の子は美人揃い。ギャグから始まってシリアスになってゆくシナリオ。
情報量が多く、ビデオを一時停止したくなる画面。
オタクが好きな要素がこれでもかと詰まっているんだけど、「オタク君、こういうの好きでしょう?」といういやらしさが無い。
あるのは「俺はこれが好きだ、どうだ君も好きだろう」という強力な自負だ。アニメに携わるスタッフが楽しんで作っている作品というのは面白い。

ウルトラマンすら見ていないTV特撮オンチの自分には元ネタが分かるのは僅かであったけど、それでも松本メカがテーブルに埋め込まれているのは分かる。地球が銀河鉄道999に出てくるメガロポリスみたいになっていたのは面白かった。

後半の物語の中核をなすウラシマ効果による別離と葛藤、自分以外、数日・数ヶ月ぶりに会ったら大人や老人になっているという辛さ。
それを覚悟でノリコと一緒なら構わないというおねえさまのバスターマシーン3号への突入、帰還を迎える地球の様子。
これは涙無くしては見られない。

良い作品との出会いは人生を変える。冒頭の「はやぶさ2」に携わった人もそうだったのだろう。
うちはうる星と出会って人生変わったから、よく分かる。
Ob1607601728247

| | コメント (3)

2011年9月27日 (火)

らんま1/2実写化

以前から、らんま1/2実写化の噂は出ては消え出ては消え、ガセネタばかりと思ってましたが、なんと本当に実写化するんですね。
Webサンデーに情報が掲載されていました。

まだエイプリールフールなのか、夢を見ているんじゃないかと半ば信じられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

古代少女ドグちゃんまつり行ってきました

例によって、見た人向けの感想です。ネタバレはないけど。

昨日は新宿の映画館に「古代少女ドグちゃんまつり」の最終上映に行ってきました。関西の深夜ドラマから始まって、あちこちの局で放送されるも、未だに関東で放送されないドグちゃん。
先に映画が放映されました。

TVの1話と最終話を中心に1時間で分かる古代少女ドグちゃん、という感じのフィルムですが、これが面白い。
途中に主人公ドグちゃんによる追加映像が入ったり、TVCMに見立てたギャグCMが入るんですが、インディーズの空気漂う徹底したギャグ。設定は異常なんだけど出演者は真面目、というところが良い。こーいうの大好きです。
ちなみに一番笑ったのは「イナゴプリン」。言葉で説明するとつまらなくなってしまうのが残念。それ故に映像のおもしろさが出るんだなぁ。

ドグちゃんは、設定のぶっとび加減がどー考えてもおかしいのにそれを皆真面目に演技しているところが面白い。
ウケ狙いでにやついてやっているわけではない、この真剣さがおもしろさを生むんですね。

主演・谷澤恵里香さんの可愛らしさも特筆に値します。アイドルなんて興味なかったのに、ドグちゃん見たら可愛
いこと可愛いこと。
映画で流れる最終話部分は斉藤由貴が母親役で出てくるんですが、これまた素晴らしい。こんな親が欲しかったと思うほどの素晴らしい母親像です。
この年になると、こー言うことを笑って言える親になりたい、と思う気持ちの方が強くなってくるわけですが。
台詞は普遍的で当たり前の事を言っているんですが、それをどう表現するかが監督と役者の仕事です。良い表現でした。まさかドグちゃん見てじーんと来るとは思わなかった。
本編の映画では笑いを堪えるのに必死でしたが、映画の撮り下ろし部分では声を出して笑いました。ダンスはじめる辺りとかおかしくておかしくて。
幕間の休憩時間もスクリーンに「あと2分」と、いきなりあと2分(笑)短すぎ!淡々としたナレーションとスクリーンの文字のギャップに目が離せませんでした。
そしてパイロットフィルムは笑いっぱなし。いやー、強烈でした。看板に偽りなし。こっちはこっちで好きだなあ。濃厚なインディーズ臭が素晴らしいです。そしてカメラアングルがエロス!
なにより、誠役の人の出す味が良かった。笑いまくりの熱い映像でした。

映画の後は映画出演者や関係者が大勢集まりました。
舞台挨拶の様子はこちらで記事になっています。
第一印象は井口監督が可愛い!(笑)そして舞台上の人が軒並み仲良しでアットホームな感じという印象を受けました。客席も不思議と一体感があったよーな気がします。うちが4列目で近かったから、という理由だけではないと思います。

最後はサインボール100個を客席に投げ込むというイベントが。周囲の人が一生懸命手を伸ばして次々と華麗にキャッチする中、手を伸ばすも右往左往してうちはボールをつかめません。
ところが、肩に何か当たった、と思って手を伸ばすとボールが脚の上に転がってました。
…ピンクのボールに「谷澤えりか」とサインしてありました。
ドグちゃんのサインボールだー!やったー!と口に出したいのをこらえて、ポーカーフェースで即カバンにしまい込みます。嗚呼小市民。
結局ボールは2つ脚の上に転がりました。もう一つはスタッフの人かな(twitterドキゴローがパイロット版・西村監督のボールと教えてくれました)、ドキゴローの絵が描いてあるみどりのボールです。

20100306


舞台挨拶も終わると、もう11時過ぎ。急いで帰らないと終電です。
エレベーターホールまで進んでいくと、さっきまで壇上にいた監督が帰る人を見送ってます。おおー、すごい!と感激していると、谷澤さんがその横に並んでいるではないですか。
ええー!?主演女優が観客を見送るって…!
驚きと感動を覚えつつも、時間がないので楽しかった!ありがとうございました~!と言いつつエレベーターに乗り込み、帰途につきました。他のファンみたいに自分もエレベーターに乗らないでいたかった!

素晴らしい映画祭でしたが、その楽しさを言葉で形容するのが難しく、自分では何も伝えられないのが残念。
やはり、映像は映像で、可能ならば銀幕で楽しむのが一番です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

魔法にかけられて

見てきました。ディズニーのセルフパロディ映画「魔法にかけられて」

いやー、TVCMの「歌い出した王子が自転車にはねられる」というシーンで相当期待していたのですが、期待を上回ってくれた作品でした。
セオリーをしっかりおさえ、それを現実世界でやってしまうギャップの滑稽さを存分に描く。

故にプリンセスは「不思議ちゃん」どころかビョーキとしか思えない支離滅裂な言動を行う変な人に見える。でも、それが次第に現実になじんでゆく…という描写の巧みなこと!
服装も髪型も言動もだんだん普通になっていくところ、うまいなー。
そして動物さん達と一緒にお掃除のくだりはすさまじかった。この映画、何か物食べながら見ちゃいけませんね(笑)

ネタバレになってしまうので詳しく書けないのが辛いところですが、パロディでありながらもディズニーブランドの名に恥じない王道を歩みつつ、現代らしさを作品に反映させている、凄いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

バンブーブレード最終回

アニメ・バンブーブレード最終回。久々に「これは良作」と言えるアニメに出会った気がします。
内容の良さは他でもレビューされているのでもはや触れるに至らないでしょう。
アニメ最終話に向かって佳境に突入し、良い意味で期待を裏切り、そして期待通りに展開して、期待以上の解決を見せてくれました。
こんな部員に囲まれて剣道したらとても楽しいんじゃないか、と見る人を剣道好きにさせてくれるアニメですねー。
どんな啓蒙活動よりも有力なんじゃないでしょうか。ダン君の言うとおり、剣道格好良いよ!
剣道経験者の友人に聞くと、面白いよー、道場に見学に行ったら好きになるよって口揃えるんだよなぁ~。

さて、鎧マニアとして剣道娘ってジャンルは前々から気になっていたんですが(笑)、今まではどうしても面が邪魔でしょうがなかったんですよね~。だから描いたこととか全然無かったの。
ところがアニメバンブーはその辺も上手く処理していて面かぶってるのに可愛い。
珠ちゃんのアップとか可愛かったもんねぇ~。ああ、剣道娘って格好良くて可愛いんだ!としみじみ思いました。
制服姿は全然反応しないでスルー状態だったんですが、凛さんのセーラー服(赤いタイ)にはおやっと思ってしまう。うる星ですり込み受けているから、紺のセーラー服じゃないと気にも止めないようになってたんですなー(笑)
というわけで、すっかりバンブーで剣道萌えになったのでした。アニメみたいに面かぶってるのに可愛いって所まで描いてみたいもんだなぁ~。

難しいね。でも描いていてツノのふくらみにはときめいたさ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

座って3秒で泣く

先日の話である。
ヨメがまだ見たことないというので「さよなら銀河鉄道999」を見る。
もう開始早々に泣ける。999が出発するときでもう泣いている。
途中トイレに立ち、戻ってくると鉄郎が過去の様子を見せられるシーンである。
母親が機会伯爵に殺される前夜、家の戸を必死で叩いて過去の自分たち親子に危機を知らせようとするが一向に伝わらない。
椅子に座って、このシーンなのだなと思って3秒で泣き出す。

涙腺緩くなったなぁと思うが、銀河鉄道999はまさしく青春時代を象徴する作品だった。故に1シーン見ただけで様々な泣けるシーンが想起され、泣けてくる。
松本漫画のお約束で、風呂敷広げすぎて辻褄が合わないところもあるが、りんたろう監督がそれを気にならないようにまとめている。
これぞ名作の名に相応しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

ハーマイオニーのダンス教室

邦題「ハリーポッターと炎のゴブレット」を見てきました。
本来の名前は「ハーマイオニーのダンス教室」なんですが、タイトル付けた翻訳者出てこいといった感じです(ぉ
…冗談はともかく、映画の感想を。
ネタバレ気味なので読みたい人はマウスでドラッグして文字を反転させてください。

第一に思ったのが盛り上げ方を知っているな、というところ。盛り上げるだけ盛り上げておいて、思いっきり肩すかしを食らわせる。原作を知っていると「そりゃないだろー」と思うのだけど、映画の導入としては正しいのだろう。
とりあえず観衆を引きつけておいて、さて本題ですといったところか。
ただ、原作読まずに映画初見だと注意していないと気づかない点が多いような気が。
でもまぁ、これも原作付き映画ってそんなもんだよね、と。良く盛り込みましたと思ったり。
それより、今回のハーマイオニーは可愛いシーンが少なかった。
やはり「ハーマイオニーと秘密の部屋」が一番良かったように思う。あの髪の毛のボリュームとウェーブは「ハーマイオニーと秘密の部屋」が一番だ。
それが今回はどうだ。最初っから髪の毛が整っているではないか。
あの天然パーマもっさりボサボサのハーマイオニーが、ダンスの時だけおめかしして別嬪さんになっ出てくるから
意味があるのであって、最初から髪の毛が整っていては意味がない。
メガネブスだった幼なじみがコンタクトに変えた途端、見る目が変わりました位のギャップがあってこそのシーンなのに、これではロンが単に照れているだけではないか。
そりゃ、ロンとハーマイオニーはダンス以前から意識し合っている、だが美貌に見とれるのはこのシーンが初めてではないか。うる星における「一緒に帰ろうよ」のシーンがこのシーンのハズなのだ。
でもその後の痴話げんかは非常に良かった。
通俗的な表現を借りるならば「ハーたん可哀想!」である。

…と、まぁこんな理由で、今作は「ハーマイオニーのダンス教室」の名に恥じない作品であったと思う。
これだけは言える。
ハーマイオニーに教わったら絶対にダンスが踊れるようになる。絶対だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)